サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 17世紀における言語と世界伝達
    • 第1節 コメニウスの課題
    • 第2節 コメニウス研究の現在
    • 第3節 本書の課題と方法
  • 第Ⅰ部 コメニウスにおける文字
    • 問題設定:近代教育学におけるコメニウスの位置づけから
  • 第1章 17世紀普遍言語構想におけるコメニウスの位置づけ
    • はじめに
    • 第1節 17世紀普遍言語構想とは何か
    • 第2節 言語学における「前近代」、教育学における「近代」
    • 第3節 17世紀的な「言葉と事物の乖離」、「視覚の強調」の文脈から
    • 結びに代えて
  • 第2章 17世紀普遍言語構想における事物・観念・言葉
    • はじめに
    • 第1節 コメニウスにおける普遍言語像
    • 第2節 コメニウスの普遍言語像を規定する事物認識
    • 第3節 ウィルキンスにおける普遍言語作成の原理
    • 結びに代えて
  • 第3章 事物が視覚化された図絵・観念が視覚化された文字
    • はじめに
    • 第1節 普遍言語としての図絵
    • 第2節 観念の視覚化としての普遍言語
    • 第3節 図絵と文字
    • 結びに代えて
  • 第Ⅱ部 コメニウスにおける声
    • 問題設定:17世紀における言語観の変容・修辞学の再編の中で
  • 第4章 コメニウスにおける「声」と「視覚」
    • はじめに
    • 第1節 『遊戯学校』というテクスト
    • 第2節 『遊戯学校』の特徴
    • 結びに代えて
  • 第5章 『遊戯学校』における世界構造
    • はじめに
    • 第1節 『遊戯学校』が書かれた背景
    • 第2節 『遊戯学校』における世界の構図
    • 第3節 『遊戯学校』における学校の機能
    • 結びに代えて
  • 第6章 コメニウスにおける世界の表象と教育的提示
    • はじめに
    • 第1節 『世界図絵』と『遊戯学校』における世界提示
    • 第2節 『世界図絵』における書物という様式
    • 第3節 『遊戯学校』における学校演劇という様式
    • 結びに代えて
  • 第Ⅲ部 コメニウスにおける書物
    • 問題設定:コメニウスにおいて教育を成立させるものとしての書物
  • 第7章 コメニウスにおける読書論の諸様相
    • はじめに
    • 第1節 コメニウスの読書論の位置づけをめぐって
    • 第2節 コメニウスによる「書物」の位置づけ
    • 第3節 読むこと、選択すること、書くこと
    • 第4節 あなたの書物
    • 第5節 「何を」読むのか
    • 結びに代えて
  • 第8章 『汎教育』における書物執筆の法則
    • はじめに
    • 第1節 『汎教育』における学校・書物・教育者の位置づけ
    • 第2節 汎書籍論
    • 第3節 書物の氾濫に抗して
    • 結びに代えて
  • 第9章 透明な言語・不透明な知性
    • はじめに
    • 第1節 コメニウスにおける「光」
    • 第2節 不透明な知性
    • 第3節 『光の道』における言語と教育の関係性
    • 結びに代えて
  • 終章 総括と今後の課題
    • 第1節 「神の三書」を読むために
    • 第2節 存在論と認識論の絡み合い
    • 第3節 今後の課題と展望