サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

後三年記の成立

後三年記の成立

  • 野中 哲照(著)
  • 第一章 『後三年記』から『後三年合戦絵詞』へ
    • 一 問題の所在
    • 二 文字言語の創造力と絵画の創造力
    • 三 時空の連続性・認識の一貫性の表現
    • 四 表現主体の方法
    • 五 対享受者説明の意識の存在
    • 六 画中詞的性格の否定と文体の統一性の確認
    • 七 色彩表現と場面描写の問題
    • 八 玄恵作者説・南北朝成立説への疑義
    • 九 おわりに
  • 第二章 『後三年記』の文体と表現意識
    • 一 問題の所在
    • 二 表現主体の文体=基調的な文体
    • 三 異質な文体と増補問題
    • 四 表現主体の素材消化・介入
    • 五 表現主体の表現意識
    • 六 おわりに
  • 第三章 『後三年記』の表現連鎖
    • 一 問題の所在
    • 二 展開の連続性
    • 三 場面や表現の呼応性
    • 四 認識の一貫・通底
    • 五 増補の可能性
    • 六 おわりに
  • 第四章 『後三年記』貞和本と承安本の関係
    • 一 問題の所在
    • 二 文献学的見地からの貞和本の後次性
    • 三 承安本の存在
    • 四 両本の直接関係の可能性
    • 五 貞和本から想定される承安本の性格
    • 六 『康富記』要約文の性格
    • 七 貞和本と承安本(『康富記』要約文)との対応関係
    • 八 両本の記述量の多寡
    • 九 両本の記述内容の齟齬
    • 十 おわりに
  • 第五章 『後三年記』の院政期的位相
    • 一 問題の所在
    • 二 人物描写の古相から
    • 三 表現史的観点から
    • 四 周辺説話との先後関係から
    • 五 おわりに
  • 第六章 『後三年記』の語彙・語法の古相
    • 一 問題の所在
    • 二 係助詞「なむ」の多用
    • 三 平安期的な語彙
    • 四 中世化現象のみられないこと
    • 五 中世的な語彙・語法のみられる点
    • 六 擬古文の可能性の否定
    • 七 おわりに
  • 第七章 『後三年記』の敬語の時代相
    • 一 問題の所在
    • 二 「侍り」「候ふ」に関する国語学の通説
    • 三 『後三年記』の「侍り」「候ふ」の勢力関係と敬度
    • 四 周辺古典文学の「侍り」と「候ふ」
    • 五 擬古文性の否定
    • 六 「させ給ふ」に関する国語学の通説
    • 七 『後三年記』の「させ給ふ」「給ふ」の敬度
    • 八 おわりに
  • 第八章 『後三年記』の成立圏
    • 一 問題の所在
    • 二 陸奥国での成立の可能性
    • 三 表現主体(作者)の位相
    • 四 承安本絵巻の制作と秀衡任鎮守府将軍
    • 五 承安本絵巻の詞書としての『後三年記』
    • 六 おわりに
  • 第九章 『後三年記』の成立年次
    • 一 問題の所在
    • 二 成立論議の出発点
    • 三 『吉記』の記述の性格
    • 四 『吉記』の記述への疑念三点
    • 五 『後三年記』の様態と参戦者・見聞者
    • 六 清衡時代か基衡時代か
    • 七 成立年次の上限
    • 八 成立年次の揺れとその確定
    • 九 おわりに
  • 第十章 『後三年記』と『中尊寺供養願文』との共通位相
    • 一 問題の所在
    • 二 『中尊寺供養願文』の基本事項
    • 三 権力の継承を正当化しようとする指向
    • 四 公私の区分についての鋭敏な感覚
    • 五 おわりに
  • 第十一章 『後三年記』の源平
    • 一 問題の所在
    • 二 『今昔物語集』の源平
    • 三 藤原氏の〈兵〉を除外して「源平」と併称する意識について
    • 四 源平併称の表現の実際
    • 五 一一一〇〜二〇年代の源平の実態
    • 六 おわりに
  • 第十二章 『後三年記』は史料として使えるか
    • 一 問題の所在
    • 二 史料等級観の危うさ
    • 三 史資料の向こうに表現主体を想定することの大切さ
    • 四 史資料の時代性とは何か
    • 五 史資料の虚構性の質を問う
    • 六 歴史叙述の虚構パターンからみる『後三年記』
    • 七 史資料との向き合いかた
    • 八 『後三年記』の史料的価値
    • 九 おわりに