サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

  • 序章 文学史を書く
    • 一 「在日朝鮮人文学史」の不在
    • 二 日本文学、日本語文学、それとも…
    • 三 クリシェを問い直す
    • 四 文学史を構築する
  • 第一章 源流としての女性文学史
    • 一 なぜ女性たちからはじめるのか
    • 二 文字獲得への果てしない道のり
    • 三 エンピツをにぎって
    • 四 物語の系譜を辿る
    • 五 書かれたものと書かれなかったもの
  • 第二章 文学史の主流
    • 一 脱植民地化に立ちはだかる壁
    • 二 祖国分断の衝撃
    • 三 共和国文学化へとひた走る
    • 四 一五年後に花開いた朝鮮(語)文学
    • 五 唯一思想体系始動の波紋
  • 第三章 いくつもの水流
    • 一 植民地作家の後日譚
    • 二 “解放”直後の文化勢力図
    • 三 新生韓国をめぐって渦巻く思惑
    • 四 四・一九革命の差響−共振と反作用と
    • 五 軍事独裁体制の強化、座礁する文学
    • 六 組織から遠く離れて
  • 第四章 海を渡る文学史
    • 一 植民地以後も途切れぬ人流
    • 二 “不法”入国者との淡い境界
    • 三 朝鮮戦争がもたらしたもの
    • 四 南からやって来た亡命者
    • 五 檻の中で
    • 六 漂流する亡命作家−金時鐘、金在南、尹学準
    • 七 一九五九年、北への大移動
    • 八 日本と韓国の距離
    • 九 終着地なき航路
  • 終章 在日朝鮮人文学、あるいは言語のせめぎあう場
    • 一 日本語と朝鮮語のあわいで
    • 二 翻訳について
    • 三 ことばの呪縛は解けるか