サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

  • 第1章 理学療法学序説
    • A あなたは,なぜ理学療法学を学ぶのか
    • B 理学療法とは
    • C 理学療法士に求められる能力
    • D 倫理
    • E 社会からみた理学療法の役割
    • F 理学療法の基本モデル
    • G クリニカルリーズニング
    • H 理学療法の対象と範囲
  • 第2章 理学療法の歴史
    • A 医学史の概要
    • B 理学療法の歴史・変遷
    • C 世界の理学療法(士)の歴史
  • 第3章 理学療法に関連する法規
    • A 理学療法士及び作業療法士法
    • B 医療関連法規
    • C 保健関連法規
    • D 福祉関連法規
    • E 医療事故,医療過誤訴訟
    • F 理学療法診療記録
  • 第4章 理学療法と保険制度
    • A わが国の社会保険制度の概要
    • B 医療保険制度
    • C 介護保険制度
    • D 保険制度からみた理学療法(保険制度と理学療法の関係)
  • 第5章 管理運営とチーム医療−関連職種
    • A 組織とは
    • B 病院組織の概要
    • C 理学療法部門の管理・運営
    • D チーム医療の実践について学ぶ
    • E 関係職種
    • F 医療安全
  • 第6章 理学療法士養成課程で学ぶこと
    • A 理学療法の教育の変遷
    • B 指定規則と教育内容の変遷
    • C 臨床実習教育の目的と心構え
    • D 理学療法に必要な知・情・意
    • E 基本的臨床技能(コミュニケーションを含む)
  • 第7章 理学療法学研究
    • A 理学療法研究の必要性
    • B 理学療法研究の種類
    • C 理学療法研究の実施手順
    • D 研究計画立案において留意する点
    • E よくデザインされた研究の具体例
    • F まとめ
  • 第8章 組織としての日本理学療法士協会−理学療法の課題と展望
    • A 日本理学療法士協会の役割
    • B 協会の創立と変遷
    • C 日本理学療法士協会の学術・教育活動
    • D 生涯学習制度
    • E 専門・認定理学療法士制度
    • F 職能・社会活動
    • G 課題と展望
  • 第9章 世界の理学療法
    • A 世界の保健制度(医療・保健・福祉の保険制度)と理学療法のかかわり
    • B 世界の理学療法の現状と課題
    • C 世界の理学療法養成の教育課程(内容)
    • D 世界理学療法連盟の歴史・意義・活動
    • E アジア地域の理学療法
  • 第10章 理学療法学の主な領域
    • Ⅰ.運動療法学
    • A 運動療法の概要
    • B 運動療法の基礎と基本的運動療法
    • C 主な疾患の運動療法
    • D リスク管理と運動療法の課題
    • Ⅱ.物理療法学
    • A 物理療法の概要
    • B 物理療法の種類と適用
    • C 物理療法と運動療法
    • D リスク管理と物理療法の課題
    • Ⅲ.義肢・装具学
    • A 福祉用具,福祉関連機器の概要
    • B 義肢学の概要
    • C 装具学の概要
    • D 補装具と運動療法の融合
    • Ⅳ.日常生活活動学
    • A ADLの概念
    • B ADLの範囲
    • C ADLと理学療法
    • D ADL評価の目的
    • E 代表的なADL評価法
    • F ADL評価の留意点
    • G ADL指導のあり方
    • Ⅴ.地域理学療法学
    • A 地域理学療法の発展してきた背景
    • B 生活者としての対象者−地域/医療施設間の理学療法の違い
    • C 介護保険制度
    • D 介護保険法改正と介護予防
    • E 医療施設以外の職場
    • F 生活環境の整備
    • G 地域理学療法におけるリスク管理
  • 第11章 理学療法学に関連した応用科学
    • Ⅰ.行動科学
    • A 行動科学とは
    • B 応用行動分析学
    • C 応用行動分析学の理学療法への適応
    • Ⅱ.社会学・社会福祉学
    • A 社会学とは
    • B 社会福祉学とは
    • Ⅲ.死生観・学
    • A 文化
    • B 宗教
    • C 死生観に関する文化的現象
    • D これからの課題
    • Ⅳ.運動学
    • A 関節運動学
    • B 姿勢と歩行
    • C 運動生理学
    • Ⅴ.運動学習理論
    • A 運動学習理論が生まれるまで
    • B 運動学習理論の理学療法への応用
  • 第12章 理学療法の対象・領域の拡大
    • Ⅰ.保健・福祉
    • A 特定健康診査・特定保健指導
    • B 通所・訪問
    • C 起業
    • Ⅱ.スポーツ理学療法
    • A スポーツ医療と理学療法士のかかわり
    • B スポーツ医療における理学療法士の役割と業務
    • C スポーツ理学療法で必要な事項
    • D スポーツ理学療法の課題と展望
    • Ⅲ.精神科領域
    • A 精神科領域における理学療法の役割
    • B 精神科領域における理学療法の実際
  • 第13章 理学療法の臨床
    • Ⅰ.理学療法の臨床(1)−対象となる主な病態
    • A 関節可動域制限
    • B 筋力低下(中枢麻痺を含む)
    • C 疼痛
    • D 持久性低下
    • E その他の機能障害
    • Ⅱ.理学療法の臨床(2)−疾患別
    • A 疾患別理学療法とは
    • B 運動器疾患の理学療法
    • C 神経疾患の理学療法
    • D 呼吸・循環・代謝疾患の理学療法
    • E 複数の疾患をもつ場合のとらえ方
    • F 人間の行動にはいくつの臓器が関与するか
    • G あらゆる疾患で留意すべきこと
    • Ⅲ.理学療法の臨床(3)−病期別
    • A 病期の区分方法とその意義
    • B 病期に基づいた理学療法の展開
    • C 予防
    • Ⅳ.理学療法の臨床(4)−ライフステージ別
    • A ライフステージと理学療法
    • B 各ライフステージにおける理学療法
  • 第14章 実践演習
    • Ⅰ.実践演習課題−小児に関するもの
    • A 就学相談を受けた事例
    • B 就学にかかわる訴訟事例から学ぶ
    • Ⅱ.コミュニケーションに関するもの
    • A 課題と学習の進め方
    • B 具体的な質問
    • C 追加の情報
    • D 学習の視点
    • E 学習の進め方の比較
    • F コミュニケーションとは−対象者への共感と支援