サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

哲学から文献学へ 後期帝政中国における社会と知の変動

哲学から文献学へ 後期帝政中国における社会と知の変動

  • B.A.エルマン(著)/ 馬淵 昌也(訳)/ 林 文孝(訳)/ 本間 次彦(訳)/ 吉田 純(訳)
  • 第一章 後期帝政中国における学術の革命
    • 揚子江下流域の学術を巡る文脈
    • 満洲族統治下における政治と学問
    • 道学の解体
  • 第二章 道心・人心の一節をめぐる論争
    • 宋代の注釈義理の方法
    • 宋代文献学の使用
    • 明代の注釈
    • 明代における考証学の運用
    • 明から清にかけての考証学の影響
  • 第三章 考証学と広範なる認識論的視点の形成
    • 清代考証学の登場
    • 明朝の滅亡の衝撃
    • 「精確さを追求する学問」の衝撃
    • 専門化と精確なる学問
  • 第四章 揚子江下流域における学術の専門化
    • 考証学者の社会的来歴
    • 後期帝政中国における専門職化
    • 官的および半官的な後援
    • 江南学術共同体における書院
    • 士人の役割の変容
  • 第五章 学問・図書館・書籍出版
    • 江南の図書館
    • 江南の印刷
    • 工具書と考証学
    • 学芸の分類
  • 第六章 江南における学問的コミュニケーションの回路
    • 共有の研究技法
    • 考証学の言説における資料の利用
    • 共同作業・文通・会合
    • 累積的研究
    • プライオリティ論争
    • 考証学における進歩
  • 第七章 終局
    • 考証学運動の分裂
    • 太平天国の乱の影響
    • 最後に