サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

ケーススタディ刑法 第4版

ケーススタディ刑法 第4版

  • 井田 良(著)/ 丸山 雅夫(著)
  • 第1章 刑法と道徳
    • 1 刑法は何のためにあるか
    • 2 自己決定権の限界としての反道徳性?
    • 3 まとめ
  • 第2章 罪刑法定主義
    • 1 法律がなければ犯罪も刑罰もない
    • 2 わが国の刑法と罪刑法定主義
    • 3 まとめ
  • 第3章 責任主義
    • 1 責任がなければ刑罰はない
    • 2 責任主義の徹底
    • 3 まとめ
  • 第4章 刑法の解釈
    • 1 刑法解釈の基準と刑法解釈の限界
    • 2 ケーススタディ
    • 3 まとめ
  • 第5章 結果無価値論と行為無価値論
    • 1 「結果」が悪いのか、それとも「行為」が悪いのか
    • 2 結果無価値論と行為無価値論の歩み寄り
    • 3 まとめ
  • 第6章 刑法の適用(効力)
    • 1 刑法の効力が及ぶ時間的範囲
    • 2 刑法の効力が及ぶ場所的範囲
    • 3 まとめ
  • 第7章 構成要件要素
    • 1 犯罪成立の第1段階
    • 2 犯罪の主体と客体
    • 3 行為と結果
    • 4 まとめ
  • 第8章 不真正不作為犯
    • 1 なぜ問題となるのか
    • 2 ケーススタディ
    • 3 まとめ
  • 第9章 因果関係
    • 1 刑法における因果関係の問題
    • 2 前提としての条件関係
    • 3 相当因果関係
    • 4 結果帰属の実質的根拠
    • 5 まとめ
  • 第10章 故意
    • 1 故意とは何か
    • 2 故意における事実認識の程度
    • 3 確定的故意と不確定的故意
    • 4 未必の故意
    • 5 まとめ
  • 第11章 事実の錯誤(1)
    • 1 刑法における錯誤論
    • 2 事実の錯誤と違法性の錯誤
    • 3 具体的事実の錯誤
    • 4 まとめ
  • 第12章 事実の錯誤(2)
    • 1 錯誤が異なった構成要件にまたがるとき
    • 2 学説と判例
    • 3 符号の限界
    • 4 まとめ
  • 第13章 過失(犯)
    • 1 不注意、過失、過失犯
    • 2 注意義務(違反)の認定
    • 3 管理者・監督者の過失
    • 4 まとめ
  • 第14章 結果的加重犯
    • 1 特殊な複合形態の犯罪
    • 2 犯罪形態としての特殊性に起因する問題
    • 3 まとめ
  • 第15章 可罰的違法性(論)
    • 1 可罰的違法性という考え方
    • 2 可罰的違法性が問題になる事例
    • 3 まとめ
  • 第16章 正当防衛
    • 1 違法性阻却事由としての正当防衛
    • 2 正当防衛の限界
    • 3 正当防衛と過剰防衛
    • 4 まとめ
  • 第17章 緊急避難
    • 1 緊急避雛の法的性格
    • 2 刑法37条の解釈
    • 3 まとめ
  • 第18章 安楽死と尊厳死、終末期医療
    • 1 人の生命と刑法
    • 2 安楽死
    • 3 尊厳死
    • 4 終末期医療
    • 5 まとめ
  • 第19章 責任能力
    • 1 責任能力、責任無能力、限定責任能力
    • 2 行為と責任(能力)の同時存在
    • 3 まとめ
  • 第20章 違法性の錯誤
    • 1 違法性の錯誤の取り扱い
    • 2 違法性の意識の具体的内容
    • 3 違法性の錯誤の回避可能性
    • 4 違法性の錯誤と事実の錯誤の区別
    • 5 まとめ
  • 第21章 違法性阻却事由の錯誤
    • 1 違法性阻却事由の錯誤とは
    • 2 学説における議論の状況
    • 3 誤想防衛の諸類型
    • 4 誤想過剰防衛
    • 5 まとめ
  • 第22章 実行の着手
    • 1 犯罪の実現段階と刑法
    • 2 「実行の着手」の認定
    • 3 まとめ
  • 第23章 不能犯
    • 1 未遂処罰の根拠
    • 2 結果無価値論と行為無価値論
    • 3 未遂犯と不能犯の区別
    • 4 危険判断の標準
    • 5 まとめ
  • 第24章 中止犯
    • 1 刑の(必要的)減免の根拠
    • 2 中止行為の任意性
    • 3 中止行為
    • 4 結果の不発生
    • 5 まとめ
  • 第25章 正犯と共犯
    • 1 実行行為と正犯行為
    • 2 正犯と共犯の区別
    • 3 間接正犯
    • 4 まとめ
  • 第26章 共同正犯
    • 1 共同で実現した犯罪の扱い
    • 2 共同正犯の成否が問題になりうる場合
    • 3 まとめ
  • 第27章 共犯の従属性−共犯の処罰根拠
    • 1 共犯の従属性
    • 2 共犯の処罰根拠
    • 3 未遂の教唆
    • 4 まとめ
  • 第28章 従犯(幇助犯)
    • 1 正犯を手助けする犯罪者
    • 2 さまざまな形態の手助け
    • 3 正犯との不一致
    • 4 まとめ
  • 第29章 共犯の関連問題
    • 1 共犯の関連問題の二面性
    • 2 共犯に固有の問題
    • 3 共犯に関連する問題
    • 4 まとめ
  • 第30章 共犯と身分
    • 1 身分犯の共犯
    • 2 身分とは何か
    • 3 65条1項・2項の解釈
    • 4 まとめ
  • 第31章 犯罪の数(罪数)
    • 1 犯罪にも数がある
    • 2 本来的一罪
    • 3 科刑上一罪
    • 4 まとめ
  • 第32章 刑罰制度
    • 1 わが国の刑罰制度はどうなっているか
    • 2 死刑をめぐる問題
    • 3 没収をめぐる問題
    • 4 まとめ