サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序章 本書の問題意識と貢献
    • 1.本書の問題意識と研究対象
    • 2.本書の研究方法と貢献
    • 3.本書の構成
  • 第Ⅰ部 社会価値的側面からの統合ダイナミクス
  • 第1章 CSR情報開示規範の役割とコーポレート・ガバナンス
    • 1.はじめに
    • 2.CSR情報開示を巡る国内外の動向
    • 3.CSR情報開示の社会的役割
    • 4.CSR情報開示とコーポレート・ガバナンス
    • 5.CSR情報開示を巡るハードローとソフトローの射程
    • 6.おわりに
  • 第2章 CSR規範形成過程におけるNPOの機能
    • 1.はじめに
    • 2.CSRの経済的誘因と採算性
    • 3.CSRの誘因を拡張する新たなスキームの可能性
    • 4.NPOと企業におけるゲーム的相互作用の考察
    • 5.CSR規範形成過程におけるNPOの機能と課題
    • 6.おわりに
  • 第3章 非政府組織関与による国際開示規範形成の促進
    • 1.はじめに
    • 2.国際規範形成とNGOによる「規範のカスケード」
    • 3.国際開示規範の構築に向けた考察
    • 4.おわりに
  • 第Ⅱ部 投資価値的側面からの統合ダイナミクス
  • 第4章 統合報告の論理とIR・制度開示との関係性
    • 1.はじめに
    • 2.事業報告の拡充と国連投資原則
    • 3.統合報告の理論的基礎
    • 4.重要性概念と開示形態、IRとの関連性
    • 5.わが国における財務報告制度の現状と課題
    • 6.おわりに
  • 第5章 イノベーションを描写する動態的な統合報告
    • 1.はじめに
    • 2.PBR1倍割れを巡る諸要因の観察
    • 3.「負のインタンジブルズ」による目標仮説の設定
    • 4.「負のインタンジブルズ」概念の実相
    • 5.経営革新と開示の同期発火による改善
    • 6.おわりに
  • 第Ⅲ部 統合報告書の信頼性と監査・保証業務等
  • 第6章 ESG情報の報告形態と監査・保証
    • 1.はじめに
    • 2.独立した報告書で開示される場合
    • 3.財務報告の一環で開示される場合
    • 4.制度開示された統合報告書への監査・保証
    • 5.おわりに
  • 第7章 任意開示された統合報告書への信頼性付与
    • 1.はじめに
    • 2.信頼性付与を巡る2つのアプローチ
    • 3.戦略関連情報等の保証ニーズを考える
    • 4.非財務情報開示の信頼性確保に向けて
    • 5.おわりに
  • 第Ⅲ部補章 経営者不正に備えた制度インフラ
  • 補章1 不正リスク対応基準と監査人の職業的懐疑心
    • 1.はじめに
    • 2.リスク・アプローチにおける経営者不正への対応
    • 3.職業的懐疑心に関する国内外の議論
    • 4.反証的アプローチの有効性と訴訟上の意義
    • 5.おわりに
  • 補章2 銀行監督と会計士業務の連携強化
    • 1.はじめに
    • 2.金融危機後の制度改革に向けた動き
    • 3.金融検査業務と監査・保証業務との異同
    • 4.わが国における銀行監督と外部監査の連携強化等
    • 5.おわりに
  • 終章 総括と今後の課題
    • 1.本書の総括
    • 2.今後の課題