サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

天下人の神格化と天皇

天下人の神格化と天皇

  • 野村 玄(著)
  • 序論
    • 第一節 幕藩制国家論のその後と日本中近世国家論
    • 第二節 「徳川国家」論の限界
    • 第三節 権門体制論と近世の天皇・朝廷
    • 第四節 「政治史」の発展的継承と本書の課題
    • 第五節 王権論に対する本書の立場
  • 第一部 豊臣秀吉・徳川家康の神格化と天皇
  • 第一章 慶長期初頭の政治情勢と豊国大明神
    • 第一節 豊臣秀吉の遺言変更をめぐって
    • 第二節 豊国大明神号の創出と後陽成天皇・豊臣家・徳川家康
    • 第三節 徳川家康の源氏改姓と豊国大明神
  • 第二章 東照大権現号の創出と徳川秀忠
    • 第一節 徳川家康の久能山埋葬前後の状況
    • 第二節 久能山における神龍院梵舜の作法の歴史的位置
    • 第三節 天海の意見具申の内容と徳川秀忠による権現号奏請
    • 第四節 吉田家による対抗運動とその論理および限界
    • 第五節 徳川秀忠の国家構想と東照大権現号
  • 第三章 徳川家光の国家構想と日光東照宮
    • 第一節 近世前期の神国思想をめぐって
    • 第二節 日光東照社大造替および『東照社縁起』真名本上巻作成と徳川家光
    • 第三節 『東照社縁起』追加作成と将軍権力
    • 第四節 東照社への宮号宣下と日光例幣使発遣奏請・決定の政治的背景
    • 第五節 徳川家康・秀忠の叙位任官文書再作成と東照宮号宣下との関連性
    • 第六節 東照宮号宣下の発案時期
    • 第七節 国家鎮護と徳川家光
  • 第二部 身分集団としての禁中・公家中と江戸幕府
  • 第一章 近世の堂上公家と身分制
    • 第一節 公家身分論をめぐる諸問題
    • 第二節 後陽成天皇・大御所徳川家康と公家の「外聞」
    • 第三節 秀忠・家光政権による公家の放埒行為への対処方針とその特質
    • 第四節 武家伝奏中院通茂の禁中・堂上公家論と家綱政権
  • 第二章 領主としての公家と家綱政権
    • 第一節 延宝二年の山城国大洪水と同国紀伊郡石原村の公家領主
    • 第二節 延宝二年の公家領水損をめぐる幕府上方支配機構の対応
  • 第三部 徳川将軍家の国家構想の継承と限界
  • 第一章 天和・貞享期の綱吉政権と皇位
    • 第一節 天和期の皇位継承者選定過程と綱吉政権
    • 第二節 天和・貞享期の関白・京都所司代人事と徳川綱吉
    • 第三節 貞享期における霊元天皇譲位・大嘗会再興と綱吉政権
  • 第二章 元禄・宝永期の徳川綱吉と「かけまくもかしこき日のもとの国」
    • 第一節 綱吉政権期における諸儀式・諸寺社等再興の特徴
    • 第二節 徳川綱吉・桂昌院による伊勢神宮・内侍所での祈禱とその目的
    • 第三節 徳川綱吉と東照大権現・日光東照宮
    • 第四節 元禄・宝永期における東山天皇の譲位問題と徳川綱吉
  • 結論
  • 補論
    • 書評 田中暁龍著『近世前期朝幕関係の研究』
    • 書評と紹介 藤田覚著『近世天皇論 近世天皇研究の意義と課題』