サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

健康長寿のためのスポートロジー

健康長寿のためのスポートロジー (放送大学教材)

  • 田城 孝雄(編著)/ 内藤 久士(編著)
  • 1 健康長寿のためのスポートロジー
    • 1.運動習慣は寿命を延ばす
    • 2.要介護状態の原因となる疾患
    • 3.スポートロジーとは
    • 4.スポーツ・運動・体育の関係
    • 5.運動療法とスポーツ医学
    • 6.健康のための運動プログラムの強度
  • 2 現代社会と運動不足
    • 1.運動不足病,生活不活発病
    • 2.非運動性熱産生(ニート)の意義
    • 3.運動不足と死亡率
  • 3 運動が全身に与える影響−水中運動の効果−
    • 1.水中運動の特徴
    • 2.水中運動の効果
    • 3.まとめ
  • 4 肥満のメカニズムと運動
    • 1.肥満のメカニズム
    • 2.肥満予防・改善における食事の役割
    • 3.肥満予防・改善における運動の役割
  • 5 運動とメタボリックシンドローム
    • 1.メタボリックシンドロームとインスリン抵抗性
    • 2.MRSによる細胞内脂質測定
    • 3.骨格筋細胞内脂質とインスリン抵抗性
    • 4.細胞内脂質がインスリン抵抗性を引き起こすメカニズム
    • 5.アスリートパラドックスとは何か
    • 6.肥満症に対する減量の効果
  • 6 運動と糖尿病
    • 1.非肥満者におけるインスリン抵抗性
    • 2.短期間の高脂肪食は骨格筋細胞内脂質を増加させる
    • 3.異所性脂肪の蓄積原因と「脂肪負荷感受性」
    • 4.2型糖尿病に対する運動の効果
    • 5.糖尿病の運動目標と患者のやる気
  • 7 運動と心血管疾患(1)
    • 1.心臓と大動脈の構造
    • 2.代表的な心血管疾患とその病態
    • 3.心血管疾患の治療法:薬剤および外科治療
    • 4.動脈硬化の危険因子
    • 5.運動療法の有用性と問題点
    • 6.包括的疾病管理プログラムとしての心臓リハビリテーションとは
  • 8 運動と心血管疾患(2)
    • 1.心不全とは
    • 2.心不全に対する運動療法
    • 3.心不全に対する心臓リハビリテーション
    • 4.レジスタンストレーニング
    • 5.疾病管理プログラム
  • 9 運動と運動器疾患(1)−運動と骨粗鬆症−
    • 1.骨の強度とその規定因子
    • 2.骨の力学的負荷応答能
    • 3.骨と運動
    • 4.結び
  • 10 運動と運動器疾患(2)−運動と変形性膝関節症−
    • 1.運動器とロコモティブシンドローム
    • 2.変形性膝関節症の病態
    • 3.変形性膝関節症の診断
    • 4.変形性膝関節症の臨床症状
    • 5.変形性膝関節症の治療
    • 6.まとめ
  • 11 運動と骨格筋
    • 1.骨格筋の生理学的基礎
    • 2.筋線維タイプとその特性
    • 3.骨格筋の形態的・機能的変化
    • 4.骨格筋とアスリート遺伝子
    • 5.おわりに
  • 12 認知機能と脳
    • 1.脳の概観
    • 2.認知機能と脳
    • 3.まとめ
  • 13 加齢による脳の変化,認知症とその予防
    • 1.加齢と脳
    • 2.認知症
    • 3.ライフスタイル改善による認知症の予防
    • 4.まとめ
  • 14 運動とがん
    • 1.多段階発がんモデルと発がん要因
    • 2.発がんのメカニズム
    • 3.生活習慣とがん
    • 4.がんと運動
    • 5.まとめ
  • 15 子どもの体力・運動能力の現状とその課題
    • 1.子どもの体力・運動能力の現状
    • 2.子どもの体力低下の背景
    • 3.子どもの体力・運動能力低下の問題点
    • 4.体力・運動能力向上への取り組みと運動指針
    • 5.元気な子どもを育むために