サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

動物の科学 新訂

動物の科学 新訂 (放送大学教材)

  • 二河 成男(編著)/ 東 正剛(編著)
  • 1 多様な動物の世界
    • 1.はじめに 動物とは何か
    • 2.動物に共通する特徴
    • 3.動物の起源と進化
    • 4.動物と人間の関係
    • 5.まとめ
  • 2 野生動物の進化と系統
    • 1.はじめに
    • 2.動物の種分化機構
    • 3.マダガスカルにおける野生哺乳類の適応放散と収斂進化
    • 4.分子系統学の台頭
    • 5.哺乳類の系統関係
  • 3 家畜動物の起源と育種
    • 1.はじめに
    • 2.主な家畜動物の起源
    • 3.育種の方法
  • 4 動物の運動
    • 1.はじめに
    • 2.動物が動く理由
    • 3.筋肉によりからだが動く仕組み
    • 4.筋肉は細胞からできている
    • 5.骨格筋の収縮の仕組み
    • 6.筋肉の収縮はどのように制御されるか
    • 7.アクチンフィラメントの上を“歩く”ミオシン
    • 8.鞭毛の動き
    • 9.まとめ
  • 5 動物の子孫の残し方
    • 1.はじめに
    • 2.性とは
    • 3.性決定の分子機構
    • 4.配偶子形成
    • 5.受精
    • 6.個体とは
  • 6 動物の発生
    • 1.はじめに
    • 2.発生の開始
    • 3.胞胚形成
    • 4.胚葉の形成と移動
    • 5.軸の形成
    • 6.位置を決める因子
    • 7.細胞の分化
    • 8.まとめ
  • 7 動物の表現型可塑性とその進化
    • 1.はじめに
    • 2.動物における発生の制御
    • 3.可塑性とその進化的意義
    • 4.アブラムシの生活史多型
    • 5.ミジンコの生活史と誘導防御
    • 6.甲虫類に見られる栄養条件に依存した武器形質の多型
    • 7.表現型可能塑性の進化における役割
  • 8 動物の神経細胞のかたちとはたらき
    • 1.はじめに
    • 2.脳と神経細胞のかたち
    • 3.神経細胞が情報をつくり出して機能する仕組み
  • 9 生体情報を伝える神経系と内分泌系
    • 1.はじめに
    • 2.神経系と内分泌系におけるシグナル
  • 10 親による子供への投資と性選択
    • 1.はじめに
    • 2.性選択
    • 3.雄と雌における繁殖戦略の違い
    • 4.雄が子育てをする動物による証明
    • 5.「雌による選好」をめぐる議論
    • 6.なぜ性比は1:1なのか?
  • 11 動物の社会生態
    • 1.はじめに
    • 2.社会性の定義
    • 3.利他行動の進化と血縁選択説
    • 4.分業と社会行動の組織化
    • 5.コウグンシロアリの採餌行動
    • 6.カースト分化のメカニズム
    • 7.カースト分化における形態形成
    • 8.ソシオゲノミクス
  • 12 動物の脳とその機能
    • 1.脳の複雑化
    • 2.ヒトの脳
    • 3.高次脳機能の解析
  • 13 動物の行動生理
    • 1.動物の性行動
    • 2.ヒトのホルモン
    • 3.自律神経の作用
    • 4.ヒトの行動
  • 14 動物の免疫応答
    • 1.はじめに
    • 2.自然免疫応答と適応免疫応答
    • 3.リンパ球:T細胞とB細胞
    • 4.リンパ球の受容体,補助受容体,MHCタンパク質
    • 5.自然免疫系による適応免疫系の発動
    • 6.抗体
    • 7.クローン選択
    • 8.免疫記憶
    • 9.自己免疫寛容
    • 10.適応免疫系はなぜ無限の抗原に対応できるのか?
    • 11.新たな脅威
  • 15 応用動物科学の課題:人獣共通感染症
    • 1.はじめに
    • 2.ウイルス感染症,インフルエンザ
    • 3.プリオン感染症,伝達性海綿脳症
    • 4.細菌感染症,ボツリヌス症
    • 5.原虫感染症,マラリア
    • 6.条虫感染症,エキノコックス症