サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序論 問題の所在
    • 一 春秋時代史研究の動向
    • 二 本書の視座と構成
  • 第一部 春秋時代の軍事と支配構造
  • 第一章 軍事と支配構造
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』の軍事行動
    • 第二節 軍事行動の特徴
    • 第三節 軍事行動と国邑・鄙邑
    • おわりに
  • 第二章 滅国・遷徙政策
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』『左伝』の滅国
    • 第二節 滅国後の国君・支配層
    • 第三節 滅国後の居民
    • 第四節 『春秋』『左伝』の遷徙
    • 第五節 遷徙の実態
    • 第六節 遷徙後の国邑・鄙邑
    • おわりに
  • 第三章 占領政策
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』『左伝』の国邑占領
    • 第二節 国邑占領の実態
    • 第三節 国邑占領と附庸小国
    • 第四節 『春秋』『左伝』の鄙邑占領
    • 第五節 鄙邑占領の実態
    • 第六節 鄙邑占領と鄙邑
    • おわりに
  • 第四章 攻囲政策
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』『左伝』の攻囲
    • 第二節 攻囲の実態
    • 第三節 攻囲と国邑・鄙邑
    • おわりに
  • 第五章 対峙政策
    • はじめに
    • 第一節 対峙戦の実態
    • 第二節 『春秋』の対峙戦
    • 第三節 『左伝』の対峙戦
    • おわりに
  • 第六章 黄国の滅国
    • はじめに
    • 第一節 黄君孟夫婦墓
    • 第二節 黄国青銅器
    • 第三節 『春秋』『左伝』の黄国
    • 第四節 滅国後の黄国
    • おわりに
  • 第七章 紀国の遷徙
    • はじめに
    • 第一節 紀国と魯国
    • 第二節 紀国と周王室
    • 第三節 紀国と斉国
    • 第四節 遷徙政策と紀国
    • おわりに
  • 第二部 春秋時代の外交と国際社会
  • 第一章 会盟と外交
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』の会盟傾向
    • 第二節 会盟の特徴
    • 第三節 会盟と覇者政治
    • おわりに
  • 第二章 斉覇・晋覇の会盟地
    • はじめに
    • 第一節 会盟地としての鄙邑
    • 第二節 斉覇期の会盟地
    • 第三節 斉覇期の地主国
    • 第四節 晋覇期の会盟地
    • 第五節 晋覇期の地主国
    • 第六節 斉覇・晋覇の会盟
    • 第七節 斉覇・晋覇の国際社会
    • おわりに
  • 附論 楚覇の会盟地
    • 一 楚覇期の会盟地
    • 二 楚覇と国際社会
  • 第三章 朝聘外交
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』の朝聘
    • 第二節 朝聘と外交
    • 第三節 「如」と外交
    • 第四節 「来」と外交
    • 第五節 斉覇・晋覇と魯国
    • おわりに
  • 第四章 弔問外交
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』の卒葬
    • 第二節 卒葬と外交
    • 第三節 卒葬の意義
    • おわりに
  • 第五章 婚姻と国際社会
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』の婚姻
    • 第二節 婚姻と外交
    • 第三節 「【ヨウ】」の意義
    • おわりに
  • 第六章 国君即位と国際社会
    • はじめに
    • 第一節 『春秋』の魯国君即位
    • 第二節 『春秋』の他国君即位
    • 第三節 『左伝』の国君即位
    • おわりに
  • 第七章 衛国の外交と政治
    • はじめに
    • 第一節 衛国と斉国
    • 第二節 衛国と晋国・楚国
    • おわりに
  • 第八章 杞国の外交と政治
    • はじめに
    • 第一節 杞国と【キョ】国
    • 第二節 杞国と魯国・斉国
    • 第三節 杞国と晋国・斉国
    • 第四節 杞国と晋国
    • 第五節 杞国と国際社会
    • おわりに
  • 結論 課題と展望