サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

  • 第1章 序−問題設定・本書の構成・研究方法−
    • 1.1 問題設定
    • 1.2 本書の構成
    • 1.3 研究方法
  • 第2章 SECの外国民間発行体向け開示規制と事例分析
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 Form 20−F調整表
    • 2.3 Daimler‐Benzの事例
    • 2.4 小括
  • 第3章 米国GAAP調整表開示規制の有用性
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 先行研究の分類と検証結果
    • 3.3 Form 20−F調整表開示企業と企業価値モデル
    • 3.4 Form 20−F調整表開示規制撤廃の影響
    • 3.5 小括
  • 第4章 クロス上場企業の会計基準選択行動
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 先行研究
    • 4.3 リサーチ・デザインと検証結果
    • 4.4 2007年以後のFPIの会計基準選択
    • 4.5 小括
  • 第5章 欧州企業のIFRSs初度適用事例の分析
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 IFRS 1の公表
    • 5.3 FTSEurofirst 80 Firmsの純利益への影響
    • 5.4 FTSE 100 Firmsの純資産への影響
    • 5.5 小括
  • 第6章 IFRSs初度適用時の利益調整の情報内容
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 利益調整差額情報に関する研究分類
    • 6.3 IFRSs利益調整の有用性の検証
    • 6.4 欧州の先行事例と我が国におけるIFRSsの導入
    • 6.5 小括
  • 第7章 セグメント報告基準の国際的収斂
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 セグメント報告基準(IFRS 8)の特徴
    • 7.3 SFAS 131によるセグメント報告実践
    • 7.4 地域別セグメント報告の明瞭性
    • 7.5 小括
  • 第8章 セグメント報告基準の収斂効果の検証
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 IFRS 8発効後のレビュー
    • 8.3 英国企業のセグメント報告
    • 8.4 欧州優良企業のセグメント報告
    • 8.5 オーストラリア企業のセグメント報告
    • 8.6 IFRSs任意適用日本企業のセグメント報告
    • 8.7 小括
  • 第9章 リース会計基準の国際的収斂
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 リース会計基準に関する米国GAAPとIFRSの収斂
    • 9.3 全体資産アプローチvs財務構成要素アプローチ
    • 9.4 注記情報に基づく推計的資本化手法
    • 9.5 小括
  • 第10章 リース会計基準の公開草案
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 ILWの推計的資本化に関する研究の展開
    • 10.3 リース資産の償却に関するED2010/09の提案
    • 10.4 再公開草案ED2013/06の公表
    • 10.5 小括
  • 第11章 結−総括と展望−
    • 11.1 総括
    • 11.2 二大GAAPの収斂の現状と我が国の課題

会計 ランキング

会計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む