サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

目次

  • 序章 『論語』の訓読の歴史
    • 第一節 『論語』の伝来
    • 第二節 江戸時代以前
    • 第三節 江戸時代以後
  • 第一部 近世における『論語』の訓読の変遷について
  • 第一章 「再読文字」の訓読法の変遷について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 研究史の概略
    • 第三節 本論Ⅰ
    • 第四節 本論Ⅱ
    • 第五節 まとめ
  • 第二章 『論語』の句末助字「也」字の付訓について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 句末助字「也」字と指定の助動詞「ナリ」との関係
    • 第三節 『論語』の中の句末助字「也」の訓について
    • 第四節 近世の漢学者の「也」字の訓読観
    • 第五節 まとめ
  • 第三章 『四書』の中の助字「之」の訓読について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 「連体形+ノ」の語法について
    • 第三節 資料について
    • 第四節 『論語』の中の助字「之」の訓読
    • 第五節 『大学』『中庸』『孟子』の中の助字「之」の訓読
    • 第六節 まとめ
  • 第四章 「いはく」と「のたまはく」
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 資料について
    • 第三節 『論語』巻第八に使用される「曰」字について
    • 第四節 各資料での「子曰」の訓じ方
    • 第五節 まとめ
  • 第五章 『論語』の訓読における敬語表現について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 原漢文における敬語と訓読における敬語
    • 第三節 資料について
    • 第四節 博士家の訓読における敬語表現について
    • 第五節 博士家と近世の各資料とにおける敬語表現の相違と特徴
    • 第六節 まとめ
  • 第六章 「為」字の訓読について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 「為」字の訓読について
    • 第三節 「ス」から「ナス」へ
    • 第四節 まとめ
  • 第七章 『論語』巻第一の訓法の変遷について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 資料について
    • 第三節 「巻第一(学而第一・為政第二)」の訓法の変遷について
    • 第四節 まとめ
  • 第二部 春台点・後藤点・一斎点、それぞれ重要な役割を担つた訓読法について
  • 第一章 太宰春台の訓法について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 春台点について
    • 第三節 『倭讀要領』と『論語古訓正文』
    • 第四節 春台点の特徴について
    • 第五節 まとめ
  • 第二章 後藤点について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 後藤芝山について
    • 第三節 後藤点『四書集注』の版種について
    • 第四節 先行の研究
    • 第五節 後藤点の特徴について
    • 第六節 まとめ
    • 第七節 (付記)『論語』巻第一「学而第一・第一章」に見る後藤点の特徴
  • 第三章 後藤点の二つの版種について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 『嘉永新刻論語後藤點片假名附完』(題箋)の刊年について
    • 第三節 寛政本と嘉永本との相違
    • 第四節 まとめ
  • 第四章 一斎点について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 佐藤一斎について
    • 第三節 一斎点の二つの版種について
    • 第四節 文政八年刊と安政二年刊、二つの版種の訓読の相違
    • 第五節 一斎点の研究史
    • 第六節 一斎点の特徴について
    • 第七節 まとめ
  • 第三部 江戸時代後期、地方での訓読の展開
  • 第一章 庄内藩「致道館」における『論語』の訓読について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 庄内藩の藩校「致道館」について
    • 第三節 致道館『論語』の酒井忠治氏による「素読」
    • 第四節 まとめ
  • 第二章 尾張藩「明倫堂」国学教授並・鈴木朖『論語参解』の訓読法について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 鈴木朖について
    • 第三節 鈴木朖の訓読法の特徴について
    • 第四節 まとめ
  • 第三章 鈴木朖『大学参解』の訓読法について
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 『大学参解』の訓読法について
    • 第三節 まとめ
  • 第四章 鈴木朖『論語参解』の割注の言葉
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 鈴木朖の「雅語」と「俗語」
    • 第三節 「参解」の意味
    • 第四節 割注の俚諺
    • 第五節 朖の見識と見解
    • 第六節 まとめ
  • 第五章 鈴木朖『論語参解』の訓読に於ける国語の語法と字訓
    • 第一節 はじめに
    • 第二節 国語の語法
    • 第三節 字訓
    • 第四節 符号
    • 第五節 まとめ
  • 終章