サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

目次

  • 序論 コミュニケーション能力育成時代の文学教材
    • 1.英語教育で文学教材を使用することに対する大学生の意見
    • 2.本書の目的
    • 3.考察の対象
    • 4.用語の定義
    • 5.1980年代初頭から2000年代初頭までの日本の英語教育
    • 6.コミュニケーション能力育成と文学教材
    • 7.本書の構成
  • 第1章 コミュニケーション能力育成を目指す英語教育と文学教材
    • 1.中学校の英語教科書と文学教材
    • 2.高等学校の英語教科書と文学教材
    • 3.大学の英語教科書と文学教材
  • 第2章 海外の英語教育および外国語教育における文学教材
    • 1.EFL環境にある国々
    • 2.英語を母語とする国々
  • 第3章 日本の英語教育におけるオーセンティック教材の解釈
    • 1.オーセンティック教材とは何か
    • 2.「オーセンティック」教材の概念形成上、直接的・間接的に影響を与えた事象
  • 第4章 「オーセンティック」教材と文学教材の境界再考
    • 1.Carter and Nash(1990)の“literariness”
    • 2.「オーセンティック」教材の題材と“literariness”
    • 3.“literariness”以外の尺度を求めて
  • 第5章 creativityからとらえ直した「オーセンティック」教材と文学教材
    • 1.creativityの意味の変遷
    • 2.creativityの定義
    • 3.creativityと、コミュニケーション能力育成のための英語教育
    • 4.「オーセンティック」教材重視の教科書とcreativity
    • 5.「オーセンティック」教材の題材とcreativity(1)
    • 6.「オーセンティック」教材の題材とcreativity(2)
  • 第6章 narrativityからとらえ直した「オーセンティック」教材と文学教材
    • 1.多彩な領域におけるnarrative
    • 2.narrativityの定義
    • 3.narrativityと、コミュニケーション能力育成のための英語教育
    • 4.「オーセンティック」教材重視の教科書とnarrativity
    • 5.「オーセンティック」教材の題材とnarrativity
    • 6.「オーセンティック」教材と文学教材の接点
  • 第7章 文学教材を使った英語教育の実践例
    • 1.大学の英語教育における文学教材
    • 2.文学教材を用いた大学での英語教育(1)
    • 3.文学教材を用いた大学での英語教育(2)
    • 4.文学教材を用いた大学での英語教育(3)
    • 5.中学・高等学校の英語教育における文学教材
  • 結論 日本の英語教育における文学教材
    • 1.要約
    • 2.改善点と課題
    • 3.文学教材はどこへ行くのか

教科別学習指導 ランキング

教科別学習指導のランキングをご紹介します一覧を見る