サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • はじめに
  • 第1章 テニスとは、こんなスポーツ
    • テニスのきほんルール
    • (1)こうなったら、自分のポイント
    • (2)スコアの数え方、試合の進め方を覚えよう
    • テニス選手としての心構え
    • テニスのきほん戦術
    • (1)技術と戦術をセットで覚えよう
    • (2)前のボールも後ろのボールもとれる場所に守ろう
    • (3)グラウンドストロークでねらう場所は7つ
    • (4)ポジションと守る範囲
    • (5)まずバウンドの頂点付近でボールをとらえよう
    • ウォーミングアップ
    • (1)ストレッチからトライ
    • (2)楽しくからだを動かしてウォーミングアップ
    • フットワークトレーニング
    • コラム(1) プレーヤーズ・ファースト
  • 第2章 グラウンドストロークの技術・戦術
    • こんなグラウンドストロークを身につけよう
    • (1)トップスピン
    • (2)両手打ちと片手打ちのバックハンド
    • (3)スライス
    • レディポジション
    • ストロークの導入トレーニング
    • (1)速く反応して動く
    • (2)クロスオーバーステップとサイドステップ
    • (3)足をボールの後ろに持っていく
    • (4)投げ返しているあいだに、もとの位置に戻る
    • グラウンドストロークのグリップ
    • グラウンドストロークのテクニック
    • グラウンドストロークのプレースタイル
    • グラウンドストロークのドリル
    • (1)まずは続けることを目標に
    • (2)ポイントを数えながらやってみよう
    • (3)いないところに打って、相手を動かしてみよう
    • (4)ラリーでゲームをしてみよう
    • (5)世界でもっとも強い相手と練習しよう
    • コラム(2) コートでは安全第一
  • 第3章 ボレーの技術・戦術
    • こんなボレーを身につけよう
    • ボレーの導入トレーニング
    • (1)ボールに対する反応とフットワーク
    • (2)前に踏み込む感覚を身につけよう
    • ボレーのテクニック
    • ボレーの戦術
    • ボレーのドリル
    • (1)手投げのドリルから始めよう
    • (2)続けることを目標にやってみよう
    • (3)ボレー対グラウンドストロークで、相手を動かしてみよう
    • (4)「ネットをとる」プレーも練習しよう
    • 練習のまとめ
    • コラム(3) 親やコーチとやるよりも子ども同士でやるのが楽しい
  • 第4章 サービスの技術・戦術
    • こんなサービスを身につけよう
    • サービスゲームの進め方
    • サービスの導入トレーニング
    • (1)ボール投げ
    • (2)投げ上げたボールにボールを当てる
    • サービスのテクニック
    • (1)サービスのきほん技術
    • (2)トロフィーポーズを意識しよう
    • サービスのドリル
    • (1)確率よく入れることを目標に
    • (2)半分の広さのボックスに入れてみよう
    • (3)ねらった場所に打って、相手を動かしてみよう
    • 練習のまとめ
    • コラム(4) 子どもの自律と自立を外から見守りましょう!
  • 第5章 リターンの技術・戦術
    • こんなリターンを身につけよう
    • リターンの導入トレーニング
    • (1)合図に反応してからだを横に向ける
    • (2)ボールを使ったトレーニング
    • リターンのテクニック
    • (1)リターンのきほん技術
    • (2)スプリットステップがカギ
    • リターンのドリル
    • (1)しっかり返して続けることを目標に
    • (2)リターンで相手を動かすことを目標に
    • 練習のまとめ
    • コラム(5) 結果より先に目を向けるべきもの
  • 第6章 練習法の工夫−「プレイ+ステイ」をベースに
    • 「プレイ+ステイ」
    • ラケットの工夫
    • ボールの工夫
    • コートの工夫
    • 指導の工夫
    • (1)12歳までは技術習得の最適期
    • (2)私たちをとり巻くスポーツ環境から指導法を考える
  • さくいん
  • 著者紹介