サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • 序章 俳優「の」からだ
    • 1 現代演劇におけるフィクション空間の変容
    • 2 劇空間を生み出す俳優の存在の強度
    • 3 演者の存在のゆらぎ
    • 4 俳優のための身体術
    • 5 「ドラマの危機」と演出の誕生
    • 6 潜在的なものへの興味
    • 7 自然主義と象徴主義の交錯
    • 8 「無意識」の概念
  • 第1章 レトリックからスペクタクルへ
    • 1 視覚芸術としての演劇へ
    • 2 商業演劇の完成
    • 3 商業演劇に対する反発
    • 4 自由劇場の誕生
    • 5 芸術劇場から制作劇場へ
  • 第2章 夢みる自然主義
    • 第1節 ゾラの文学理論における客観性のゆらぎ
    • 1 対象へ参加する「実験者」
    • 2 感覚的なものの優勢
    • 3 のみこまれる観察者
    • 4 とけあう主体と客体
    • 第2節 自然主義理論と「生」の詩
    • 1 アントワーヌにおける「内奥の意味」
    • 2 見えるものと見えないものの弁証法
    • 3 生活に見いだされる詩
    • 4 客体としての意志
    • 5 環境理論における内面性の問題
    • 第3節 ジャン・ジュリアンと「自然主義と象徴主義の交差点」
    • 1 ジャン・ジュリアンと『芸術と批評』
    • 2 『芸術と批評』と自然主義/象徴主義
    • 3 あらたな演劇の模索
    • 4 科学と無意識
    • 5 美学の基盤としての無意識
  • 第3章 認識というドラマ
    • 第1節 自然主義劇作術と象徴主義劇作術の弁証法
    • 1 「認知」の内面化
    • 2 部分の詩学と全体の詩学
    • 3 ジャン・ジュリアンと「総合」の理論
    • 4 「断片」のダイナミズム
    • 第2節 メーテルランクの一幕劇における「劇」の在処
    • 1 できごとと認知のあいだで
    • 2 「行動する」から「こうむる」へ
    • 3 認識を「見せる」視覚装置
    • 4 もうひとつの劇の可能性
    • 5 「生の光景」の知覚
    • 6 劇のあらたなダイナミズム
  • 第4章 変容にさらされる俳優像
    • 第1節 俳優の意識をめぐって
    • 1 俳優の否定における三つのレベル
    • 2 職業俳優のプロ意識という罠
    • 3 俳優の自我というさまたげ
    • 4 俳優のからだの否定
    • 5 「心理的演技」と「内面性の表現」
    • 第2節 俳優の二つのモデル
    • 1 理想の俳優としてのマリオネット
    • 2 人形の不気味な存在感
    • 3 身体表現の魅惑
    • 4 「紋章」としての表現
    • 5 舞踊の身体と人形の身体の出会い
    • 6 「意識の不在」と「無限の意識」の往還
    • 7 「二つめの知恵の実」としての俳優訓練
  • 第5章 「脱力」と「型」にむけて
    • 第1節 自由劇場における試み
    • 1 シンプルさの復権
    • 2 空間の生成
    • 3 からだの印象と動きの重視
    • 4 表現の素地としてのからだ
    • 第2節 芸術劇場・制作劇場における試み
    • 1 俳優の消失という理想
    • 2 「存在」から「存在の喚起」へ
    • 3 夢遊病のような演技
    • 4 媒体としての俳優
  • 結び