サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

生命科学における分析化学

生命科学における分析化学

  • 中村 洋(編集)/ 久保 博昭(ほか著)
  • 1.分析化学概論
    • 1.1 分析化学と分析科学
    • 1.2 分析法
    • 1.3 化学分析の操作手順
    • 1.4 分析法バリデーション
  • 2.分析化学の基礎
    • 2.1 物理量と単位
    • 2.2 試薬と溶媒
    • 2.3 測定値の取り扱い
    • 2.4 定量分析
  • 3.物質にはたらく力
    • 3.1 原子の構造
    • 3.2 化学結合
  • 4.溶液における化学平衡
    • 4.1 化学平衡と平衡定数
    • 4.2 酸塩基平衡
    • 4.3 錯体・キレート生成平衡
    • 4.4 沈殿平衡
    • 4.5 酸化還元平衡
    • 4.6 分配平衡
    • 4.7 イオン交換平衡
  • 5.試料分析の流れ
    • 5.1 試料調整
    • 5.2 分離分析
    • 5.3 分析対象物質の検出
    • 5.4 データの解析
    • 5.5 分析法の選択基準
  • 6.定性・同定法
    • 6.1 定性試験
    • 6.2 確認試験
    • 6.3 純度試験
  • 7.定量・解析法
    • 7.1 実験値を用いた計算と統計処理方法
    • 7.2 分析法のバリデーション
    • 7.3 定量分析
  • 8.容量分析法
    • 8.1 標準液と標定
    • 8.2 酸塩基滴定法
    • 8.3 沈殿滴定法
    • 8.4 キレート滴定法
    • 8.5 酸化還元滴定法
    • 8.6 非水滴定法
  • 9.重量分析法
    • 9.1 沈殿重量法
    • 9.2 揮発重量法
    • 9.3 抽出重量法
  • 10.紫外可視吸光度分析法
    • 10.1 原理
    • 10.2 装置
    • 10.3 定量分析
    • 10.4 生体成分の応用例
  • 11.蛍光分析法・リン光分析法
    • 11.1 原理
    • 11.2 蛍光分析法
    • 11.3 リン光分析法
  • 12.化学発光分析法・生物発光分析法
    • 12.1 発光反応の過程
    • 12.2 測定装置および測定法
    • 12.3 発光分析法の特徴
    • 12.4 化学発光反応
    • 12.5 化学発光反応の代表的な応用例
    • 12.6 生物発光反応
    • 12.7 生物発光反応の代表的な応用例
  • 13.光熱変換分光法
    • 13.1 測定の原理
    • 13.2 熱レンズ効果
    • 13.3 光音響法
    • 13.4 その他の光熱変換分光法
  • 14.赤外分光分析法・ラマンスペクトル分析法
    • 14.1 赤外分光分析法の原理
    • 14.2 赤外分光装置
    • 14.3 ラマンスペクトル分光法
  • 15.磁気共鳴分析法
    • 15.1 核磁気共鳴分析法
    • 15.2 電子スピン共鳴法
  • 16.質量分析法
    • 16.1 質量分析法の原理と基礎用語
    • 16.2 質量分離部による質量分析計の分類
    • 16.3 分離手法と質量分析法とのドッキング
    • 16.4 質量分析法による生体分子の解析
  • 17.屈折率
    • 17.1 屈折の原理
    • 17.2 屈折率測定法
    • 17.3 旋光度測定法
  • 18.X線回折分析法
    • 18.1 X線光源
    • 18.2 X線の回折
    • 18.3 X線の検出
    • 18.4 粉末X線回折
    • 18.5 X線CT
  • 19.原子分光分析
    • 19.1 原子吸光法
    • 19.2 ICP原子発光分析
    • 19.3 ICP−質量分析法(ICP−MS)
  • 20.電気分析法
    • 20.1 電位差の測定
    • 20.2 pH測定
    • 20.3 電位差滴定法
    • 20.4 電流滴定法
    • 20.5 電量分析法
    • 20.6 電導度滴定
  • 21.熱分析法
    • 21.1 熱質量測定
    • 21.2 示差熱分析
    • 21.3 示差走査熱量測定
  • 22.蛍光X線分析法
    • 22.1 X線の基礎知識
    • 22.2 X線,電子線または荷電粒子による原子の励起
    • 22.3 X線の吸収,スペクトルの分光
    • 22.4 分析装置,試料調製
    • 22.5 応用
  • 23.放射能を用いる分析法
    • 23.1 放射性壊変と放射線
    • 23.2 半減期と原子核反応
    • 23.3 放射線測定原理
  • 24.クロマトグラフィー
    • 24.1 クロマトグラフィーの基本原理
    • 24.2 クロマトグラフィーの種類
    • 24.3 クロマトグラフィーで用いられる代表的な検出法と装置
    • 24.4 クロマトグラムの解釈と解析
  • 25.電気泳動法
    • 25.1 平板電気泳動およびディスク電気泳動
    • 25.2 細管電気泳動法
    • 25.3 マイクロチップ電気泳動
  • 26.生物学的分析法
    • 26.1 生物学的試験法(狭義のバイオアッセイ)
    • 26.2 生化学的分析法
    • 26.3 酵素化学的分析法
  • 27.臨床化学分析法
    • 27.1 比濁法と比ろう法
    • 27.2 炎光分析法
    • 27.3 原子吸光分析法
    • 27.4 イオンセンサー
    • 27.5 バイオセンサー
    • 27.6 クロライドメーター
    • 27.7 電気泳動
    • 27.8 酵素分析法
    • 27.9 イムノアッセイ
  • 28.物理的診断法
    • 28.1 X線診断法
    • 28.2 磁気共鳴面像(MRI)診断法
    • 28.3 超音波診断法
    • 28.4 核医学診断法
    • 28.5 その他の画像診断法
  • 29.遺伝子解析法
    • 29.1 遺伝子の分離
    • 29.2 ブロッティングとハイブリダイゼーション
    • 29.3 ポリメラーゼ連鎖反応
    • 29.4 遺伝子の塩基配列決定法
    • 29.5 DNAマイクロアレイ
  • 30.プロテオーム解析法
    • 30.1 プロテオーム解析の方法
    • 30.2 タンパク質の分離精製
    • 30.3 タンパク質・ペプチドの質量分析
    • 30.4 タンパク質をコードする遺伝子の同定
    • 30.5 タンパク質の機能解析
    • 30.6 データベース化
  • 31.糖鎖解析
    • 31.1 糖鎖の検出・定量
    • 31.2 複合糖質中糖鎖の切り出し
    • 31.3 糖鎖の蛍光標識化とパターン分析
    • 31.4 糖鎖の組成分析
    • 31.5 NMRによる糖鎖分析
    • 31.6 糖鎖の質量分析
  • 32.薬毒物分析法
    • 32.1 薬物中毒における生体試料の取扱い
    • 32.2 中毒原因物質のスクリーニング(予試験)
    • 32.3 薬毒物の前処理法
    • 32.4 薬毒物の分析法