サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論
    • 第1節 問題の所在
    • 第2節 本書の射程及び構成
  • 第1部 国際人権法と国際人道法の交錯の理論状況
  • 第1章 伝統的議論枠組
    • 第1節 議論背景
    • 第2節 分離説の存立基盤
  • 第2章 「交錯」の法的根拠
    • 第1節 補完説の内実
    • 第2節 統合説の理論的位置
    • 第3節 「交錯」の多義性
  • 第2部 国際人権法と国際人道法の適用範囲
  • 第3章 武力紛争における国際人権法の適用範囲
    • 第1節 緊急事態における継続適用可能性
    • 第2節 人権条約の域外適用可能性
    • 第3節 小括
  • 第4章 武力紛争における国際人道法の適用範囲
    • 第1節 国際的武力紛争及び占領
    • 第2節 内戦及び非国際的武力紛争
    • 第3節 小括
  • 第3部 裁判所による紛争処理過程における交錯
  • 第5章 占領における国際人権法と国際人道法
    • 第1節 国際司法裁判所の解釈適用権限
    • 第2節 「パレスチナ占領地域における壁建設の法的帰結」事件
    • 第3節 「コンゴ領における軍事活動」事件
    • 第4節 占領における交錯の実態
  • 第6章 内戦・非国際的武力紛争における交錯
    • 第1節 ヨーロッパ人権裁判所の解釈適用権限
    • 第2節 裁判所の判断基準
    • 第3節 内戦における「力の行使」の法的性格
    • 第4節 小括
  • 結論