サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

トロウ化学入門

トロウ化学入門

  • NIVALDO TRO(著)/ 狩野 直和(訳)/ 佐藤 守俊(訳)
  • 第1章 分子のことを考えればわかる
    • 1・1 火のついた棒
    • 1・2 分子に要因がある
    • 1・3 科学者と芸術家
    • 1・4 分子に思いをはせた先人たち
    • 1・5 不死と限りない富
    • 1・6 近代科学のはじまり
    • 1・7 物質の分類
    • 1・8 物質の性質
    • 1・9 原子論の発展
    • 1・10 核をもつ原子
    • Box1・1 なぜ科学を専攻していないのに科学を学ぶのか?
    • Box1・2 観察と理性
    • Box1・3 原子を見る
  • 第2章 化学者の七つ道具
    • 2・1 オレンジについて知りたい
    • 2・2 測定
    • 2・3 科学的な表記法
    • 2・4 測定の単位
    • 2・5 単位を変換する
    • 2・6 グラフを読む
    • 2・7 問題を解く
    • 2・8 密度:密集度の指標
    • Box2・1 地球の平均気温を測定する
  • 第3章 原子と元素
    • 3・1 海辺の化学
    • 3・2 元素を決める陽子
    • 3・3 電子
    • 3・4 中性子
    • 3・5 原子の特定
    • 3・6 原子量
    • 3・7 周期律
    • 3・8 周期律を説明する理論:ボーアのモデル
    • 3・9 原子の量子力学モデル
    • 3・10 元素の族
    • 3・11 1ダースの釘と1molの原子
    • Box3・1 単純から複雑へ
    • Box3・2 哲学,決定論,量子力学
    • Box3・3 塩素の反応性とオゾン層の破壊
    • Box3・4 ヘリウムを吸うのは危険?
  • 第4章 分子,化合物,化学反応
    • 4・1 分子が物質の性質を決める
    • 4・2 化学物質と化学式
    • 4・3 イオン性化合物と分子性化合物
    • 4・4 化合物の命名
    • 4・5 化合物の式量とモル質量
    • 4・6 化合物の組成:変換係数としての化学式
    • 4・7 化合物の生成と変換:化学反応
    • 4・8 反応の化学量論:変換係数としての化学反応式
    • Box4・1 有害な分子
    • Box4・2 炭酸カルシウム
    • Box4・3 動物に合成をさせる遺伝子工学
    • Box4・4 キャンプファイヤー
  • 第5章 化学結合
    • 5・1 毒から調味料へ
    • 5・2 化学結合とルイス
    • 5・3 イオンのルイス構造式
    • 5・4 共有結合化合物のルイス構造式
    • 5・5 オゾンの化学結合
    • 5・6 分子の形
    • 5・7 水:極性結合と極性分子
    • Box5・1 フッ化物イオン
    • Box5・2 アンモニア
    • Box5・3 AIDS治療薬
  • 第6章 有機化学
    • 6・1 炭素
    • 6・2 生命力
    • 6・3 単純な有機化合物:炭化水素
    • 6・4 異性体
    • 6・5 炭化水素の命名法
    • 6・6 芳香族炭化水素とケクレの夢
    • 6・7 官能基をもつ炭化水素
    • 6・8 塩素化炭化水素:農薬と溶媒
    • 6・9 アルコール:飲料と消毒
    • 6・10 アルデヒドとケトン:煙草とラズベリー
    • 6・11 カルボン酸:酢とハチ刺され
    • 6・12 エステルとエーテル:果物と麻酔
    • 6・13 アミン:腐った魚の臭い
    • 6・14 ラベルを見ると
    • Box6・1 生命の起源
    • Box6・2 有機化合物の構造決定
    • Box6・3 アルコールと社会
    • Box6・4 カルボン
    • Box6・5 においを嗅ぐときに起こること
  • 第7章 光と色
    • 7・1 二ューイングランド地方の秋
    • 7・2 光
    • 7・3 電磁波スペクトル
    • 7・4 電子の励起
    • 7・5 光を使って分子や原子を同定する
    • 7・6 核磁気共鳴画像法:人間の身体の分光法
    • 7・7 レーザー
    • 7・8 レーザーの医療応用
    • Box7・1 変色
    • Box7・2 X線:危険なのか,有用なのか?
    • Box7・3 技術のコスト
    • Box7・4 心とからだの問題
    • Box7・5 分子のダンスを鑑賞する
    • Box7・6 レチナール
  • 第8章 核化学
    • 8・1 悲劇
    • 8・2 偶然の発見
    • 8・3 放射能
    • 8・4 半減期
    • 8・5 核分裂
    • 8・6 マンハッタン計画
    • 8・7 原子力発電
    • 8・8 質量欠損と原子核の結合エネルギー
    • 8・9 核融合
    • 8・10 放射線が私たちの生活に与える影響
    • 8・11 炭素年代測定とトリノの聖骸布
    • 8・12 ウランと地球の年齢
    • 8・13 核医学
    • Box8・1 科学の倫理
    • Box8・2 核融合研究
    • Box8・3 放射線と火災検知器
    • Box8・4 放射線:殺し屋なのか,治療師なのか?
  • 第9章 現代のエネルギー
    • 9・1 動き回る分子
    • 9・2 エネルギーへの全幅の信頼
    • 9・3 エネルギーとその変換:無からは何も得られない
    • 9・4 自然の熱税:エネルギーは分散する
    • 9・5 エネルギーの単位
    • 9・6 温度と熱容量
    • 9・7 化学とエネルギー
    • 9・8 私たちの社会のエネルギー
    • 9・9 化石燃料からの電力
    • 9・10 スモッグ
    • 9・11 酸性雨
    • 9・12 化石燃料の利用による環境問題:地球温暖化
    • Box9・1 キャンプファイヤーの煙
    • Box9・2 二酸化硫黄
    • Box9・3 どの化石燃料が良いのか?
    • Box9・4 炭素を閉じ込める
  • 第10章 未来のエネルギー:太陽などの再生可能エネルギー源
    • 10・1 究極のエネルギー源:太陽
    • 10・2 水力発電:世界で最も使われている太陽エネルギー源
    • 10・3 風力発電
    • 10・4 太陽熱エネルギー:太陽光の集光と貯蔵
    • 10・5 太陽光発電エネルギー:光から直接,電力へ
    • 10・6 エネルギーの貯蔵:太陽エネルギーの悩みの種
    • 10・7 バイオマス:植物からエネルギー
    • 10・8 地熱発電
    • 10・9 原子力発電
    • 10・10 効率と節約
    • 10・11 2050年の未来予想図
    • Box10・1 水素
    • Box10・2 再生可能エネルギーの法制化
    • Box10・3 燃料電池自動車とハイブリッド電気自動車
    • Box10・4 エネルギーの未来予想図
  • 第11章 私たちを取巻く空気
    • 11・1 エアバッグ
    • 11・2 気体は粒子の群れである
    • 11・3 気圧
    • 11・4 気体の特性どうしの関係
    • 11・5 大気圏:その中には何があるのか?
    • 11・6 大気圏:その層構造
    • 11・7 大気汚染:対流圏の環境問題
    • 11・8 大気汚染を浄化する:大気浄化法
    • 11・9 オゾン層の破壊:成層圏の環境問題
    • 11・10 モントリオール議定書:クロロフルオロカーボンの全廃
    • 11・11 オゾン層破壊に関する迷信
    • Box11・1 ストローで飲む
    • Box11・2 オゾン
    • Box11・3 オゾン測定
  • 第12章 身の回りの液体と固体:特に水
    • 12・1 重力がなければ,こぼれない
    • 12・2 液体と固体
    • 12・3 分子の解離:融解と沸騰
    • 12・4 すべてを束ねる力
    • 12・5 分子の匂い:香水の化学
    • 12・6 溶液
    • 12・7 水:変わり者の分子
    • 12・8 水:どこにあるのか?なぜそこにあるのか?
    • 12・9 水:純粋なのか?汚染されているのか?
    • 12・10 硬水:健康には良いが配管には悪い
    • 12・11 生物学的汚染
    • 12・12 化学的汚染
    • 12・13 水質を保証する:飲料水安全法
    • 12・14 公共の水処理
    • 12・15 家庭での水処理
    • Box12・1 アイスクリームを作ってみよう
    • Box12・2 石けん:調整役の分子
    • Box12・3 ガソリンの劣化
    • Box12・4 トリクロロエチレン(TCE)
    • Box12・5 米国環境保護庁の批判
  • 第13章 酸と塩基:酸味と苦みにかかわる分子
    • 13・1 酸っぱいと感じるものには酸が含まれている
    • 13・2 酸の性質:酸味と金属の溶解
    • 13・3 塩基の性質:苦みと滑りやすい感覚
    • 13・4 酸と塩基:分子としての定義
    • 13・5 強酸と弱酸,強塩基と弱塩基
    • 13・6 酸と塩基の濃度を求める:pHという尺度
    • 13・7 一般的な酸
    • 13・8 一般的な塩基
    • 13・9 酸性雨:化石燃科の燃焼による余分な酸性度
    • 13・10 酸性雨:その影響
    • 13・11 酸性雨の浄化:1990年の改正大気浄化法
    • Box13・1 コカイン
    • Box13・2 ハチ刺されと重曹
    • Box13・3 実際に役立つ環境保護
    • Box13・4 酸性雨の影響を中和する
  • 第14章 酸化と還元
    • 14・1 さび
    • 14・2 酸化と還元の定義
    • 14・3 一般的な酸化剤と還元剤
    • 14・4 呼吸と光合成
    • 14・5 電池:科学でつくる電気
    • 14・6 燃料電池
    • 14・7 腐食:さびの化学
    • 14・8 酸化,老化,酸化防止剤
    • Box14・1 自動車の塗装の色あせ
    • Box14・2 過酸化水素
    • Box14・3 燃料電池自動車
    • Box14・4 新テクノロジーの経済学と企業助成