サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 唐代文学理論研究の新たな視座と材料を求めて
    • はじめに
    • 第一節 空海と中国の文学理論・批評の吸収
    • 第二節 中唐文学の指導者にとっての八〇五年
    • 第三節 李杜の現れない唐詩批評
    • 第四節 「古文」と相対するもの
    • 第五節 本書の問題意識
    • 第六節 本書の構成
    • おわりに
  • 第一章 盧蔵用が抱いた文学観と陳子昻像の形成
    • はじめに
    • 第一節 盧蔵用と彼による陳子昻集の編纂及び流伝
    • 第二節 「盧序」の文学観−『宋書』「謝霊運伝」論との比較を通して
    • 第三節 「別伝」による陳子昻像の形成
    • 第四節 盧蔵用の「思想」
    • おわりに
  • 第二章 唐人の意識下における陳子昻
    • はじめに
    • 第一節 事跡への言及
    • 第二節 李杜における陳子昻
    • 第三節 盛唐から中唐へ
    • 第四節 「感遇」の受容
    • 第五節 「古」の発見
    • 第六節 陳子昻が選ばれた理由−同時代人との比較を通して
    • おわりに
  • 第三章 宋人の見た陳子昻
    • はじめに
    • 第一節 唐末における文学者としての陳子昻観
    • 第二節 北宋前期における陳子昻作品の流伝−総集への採録を中心に
    • 第三節 『新唐書』による酷評−『旧唐書』との比較を通して
    • 第四節 北宋中後期における陳子昻の文学に対する評価
    • おわりに
  • 第四章 通史から見た唐代の文学史観
    • はじめに
    • 第一節 王通とその周辺
    • 第二節 陳子昻と『後史記』
    • 第三節 蕭穎士とその同志
    • おわりに
  • 第五章 唐代「詩格」研究序説
    • はじめに
    • 第一節 唐・五代・北宋の「詩格」
    • 第二節 「詩格」の特徴
    • 第三節 唐詩と科挙との関係の一斑
    • 第四節 「詩格」と科挙の関係
    • 第五節 作詩・作文のマニュアル化
    • おわりに
  • 第六章 皎然『詩式』の構造
    • はじめに
    • 第一節 皎然の経歴
    • 第二節 『詩式』の流伝
    • 第三節 『詩式』の構成と評価の基準
    • 第四節 例句の引用法
    • 第五節 秀句集、総集との関係
    • 第六節 『詩式』と品第法
    • おわりに
  • 第七章 皎然の文学史観
    • はじめに
    • 第一節 今人が古えに及ぶ可能性
    • 第二節 下降的文学史観への異論−陳子昻と盧藏用をめぐって
    • 第三節 「盧序」に対する批判の背景
    • 第四節 「横のマンネリズム」に対する否定
    • 第五節 「横のマンネリズム」からの脱却
    • 第六節 古えに敵するを以て上と為す
    • おわりに
  • 第八章 皎然の詩論と唐代の文学論
    • はじめに
    • 第一節 『詩式』の選詩と当時の世評Ⅰ−「擅場」の詩を例として
    • 第二節 『詩式』の選詩と当時の世評Ⅱ−試帖詩を例として
    • 第三節 杜甫に対する評価
    • 第四節 古文家と皎然−「復」と「変」
    • 第五節 皎然による批判の矛先
    • おわりに
  • 第九章 『吟窓雑録』小考
    • はじめに
    • 第一節 『吟窓雑録』について
    • 第二節 『吟窓雑録』の編者とテクスト
    • 第三節 特奏名状元陳応行
    • 第四節 出版人陳応行
    • 第五節 編集者・校訂者陳応行
    • 第六節 福建の知識人(文学批評家)陳応行
    • 第七節 『吟窓雑録』刊行の背景
    • おわりに
  • 終章

中国 ランキング

中国のランキングをご紹介します一覧を見る