サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序章
    • 第1節 問題の所在−体育におけるカリキュラムおよびカリキュラム研究をめぐる問題−
    • 第2節 先行研究の検討
    • 第3節 研究の目的と方法
  • 第1章 カリキュラムとしての学習指導要領の体育教授学的検討
    • 第1節 学習指導要領に見られる内容編成論の検討
    • 第2節 学習指導要領(体育)における目標および内容の教材史論的検討−「跳び箱」教材を例にして−
    • 第3節 学習指導要領(体育)の教科内容論的検討−ルール学習を対象にして−
    • 第4節 体育における「歴史追体験学習」の試み−バレーボールのルール変遷史を教材にして−
    • 第5節 小括
  • 第2章 ドイツにおけるスポーツ指導要領の開発過程
    • 第1節 ドイツのスポーツ指導要領に見られる内容選択と必修・選択の原理
    • 第2節 学校スポーツの「正当化」問題とスポーツ指導要領の開発プロセス−特にノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW州)のスポーツ指導要領開発に注目して−
    • 第3節 NRW州におけるBewegte Schuleの構想と実践
    • 第4節 ドイツにおける教師によるスポーツ指導要領の評価
  • 第3章 実践を基盤にした教師による体育カリキュラム開発の実現過程
    • 第1節 教師による協同的カリキュラム開発の活動原則
    • 第2節 『試案』における目標・内容構成の理論的基礎
    • 第3節 『試案』づくりを可能にした組織的研究活動の展開
    • 第4節 自前の体育カリキュラム開発の方法
  • 第4章 教師による体育カリキュラム開発の波及効果
    • 第1節 カリキュラム(づくり)の視点を持つ実践研究の意識化
    • 第2節 教材カリキュラム開発の促進と典型教材の開発−器械運動のクロスカリキュラムを例に−
    • 第3節 授業デザインからカリキュラム開発へ−大宮とも子の障害児体育実践研究に学ぶ−
    • 第4節 体育のカリキュラムづくりと学校づくり
    • 第5節 教師による体育カリキュラム開発の試行的実践モデル−石原一則・小山吉明の中学校体育カリキュラム開発−
    • 第6節 「運動文化の学習と人間発達」のモデルの提起
  • 終章
    • 第1節 本研究のまとめ−実践を基盤にした教師による体育カリキュラム開発方法の原則−
    • 第2節 今後の研究課題