サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章 研究の背景と目的
    • はじめに
    • 本書の構成
  • 第Ⅰ部 アスペクトについて
  • 第1章 現代日本語アスペクト論の研究動向
    • 1.金田一的段階
    • 2.アスペクトの定義に関する問題
    • 3.金田一の分類とVendlerの動詞分類
    • 4.「スル・シテイル」の二項対立を考える立場
    • 5.「スル・シテイル」の二項対立を考えない立場
    • 6.認知言語学の視点
    • おわりに
  • 第2章 「−ている」の意味と動詞の〈限界性/非限界性〉
    • 1.アスペクトの定義
    • 2.「−ている」の意味
    • 3.動詞分類〈限界性/非限界性〉
    • 4.「−ている」の意味と用法
  • 第3章 ロシア語のアスペクトとの対照の試み
    • 1.ロシア語のアスペクト〈完了体・不完了体〉
    • 2.日本語の「−ている」とロシア語の「体」
  • 第4章 「−ている」習得に関する先行研究
    • 1.ロシア語母語話者を調査対象としない先行研究
    • 2.ロシア語母語話者を調査対象とした先行研究
    • 3.先行研究の結果と考察のまとめ
  • 第Ⅱ部 ロシア語母語話者の「−ている」の習得
  • 第5章 研究調査1:口頭産出テストによる横断的研究
    • 1 「動作の継続」と「結果の状態」
    • 2 調査の方法
    • 3 調査対象者
    • 4 仮説
    • 5 文字化データからの「動作の継続」と「結果の状態」の抽出基準
    • 6 文字化データ
    • 7 調査の結果と考察
  • 第6章 研究調査2:文法テストによる横断的研究(1)
    • 1.調査の方法
    • 2.調査対象者
    • 3.調査の結果と考察
  • 第7章 研究調査3:文法テストによる横断的研究(2)
    • 1.「結果の状態」の継続性
    • 2.調査の方法
    • 3.調査対象者
    • 4.仮説
    • 5.調査の結果と考察
    • おわりに
  • 第8章 研究調査4:文法テストによる横断的研究(3)
    • 1.「経験・記録」用法
    • 2.調査の方法
    • 3.調査の結果と考察
  • 終章 「落ちている」は「結果の状態」か?
    • 1.現代日本語のアスペクト
    • 2.日本語教育と現代日本語アスペクト論
    • おわりに