サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第一章 検察官上訴と二重危険
    • 一 はじめに
    • 二 系譜論
    • 三 合衆国での二重危険の考え方
    • 四 ケプナーでのホームズ裁判官の少数意見の位置
    • 五 政府上訴と二重危険
    • 六 陪審制不採用は危険継続論の根拠となるか
    • 七 パルコの検討
    • 八 量刑と二重危険
    • 九 形式的確定を一事不再理効発生の要件とする考え方の検討
    • 十 二重危険論から政府上訴が許される場合
    • 十一 おわりに
  • 第二章 アメリカ合衆国における二重危険法理の展開
    • 一 はじめに
    • 二 二重危険禁止条項の狙い
    • 三 危険の発生時期
    • 四 ミストライアルと二重危険
    • 五 公訴棄却(ディスミッサル・dismissal)と二重の危険
    • 六 前の有罪・前の無罪
    • 七 再訴遮断の範囲
    • 八 おわりに
  • 第三章 アメリカ合衆国憲法第五修正の二重危険禁止条項に関する最近の動向
    • 一 はじめに
    • 二 二重危険禁止条項の狙い
    • 三 先例の変化
    • 四 展望
    • 五 おわりに
  • 第四章 常習罪と後訴遮断の範囲
    • 一 はじめに
    • 二 具体的法規説の検討
    • 三 憲法三九条の二重危険禁止条項のねらいと再訴(後訴)及び二重処罰禁止の範囲
    • 四 実体法上の一罪を理由とする訴追により後訴(及びそれによる処罰)が阻止される範囲
    • 五 常習一罪と後訴(及びそれによる処罰)が阻止(遮断)される範囲
    • 六 おわりに
  • 第五章 検察官の裁量と二重危険禁止条項
    • 一 はじめに
    • 二 我が国の法のアイデンティティ・構造の自覚の重要性
    • 三 罪数と二重危険禁止条項の関係
    • 四 「批判」への返答、その一
    • 五 「批判」への返答、その二
    • 六 既判力発生の基準時を形式的確定時よりも「繰り上げる」考え方の検討
    • 七 おわりに
  • 第六章 二重危険の原理
    • 一 はじめに
    • 二 再訴追を廻る問題の背景とその変化
    • 三 訴因、罪数、再訴遮断の範囲の各視点の相違
    • 四 罪数論の意味、罪数論の機能すべき範囲
    • 五 常習罪の場合の再訴遮断の基準
    • 六 法解釈の方法の観点からの検討
    • 七 おわりに
  • 第七章 後訴遮断の視点と後訴遮断の範囲
    • 一 はじめに
    • 二 後訴遮断の視点とその範囲
    • 三 おわりに
  • 第八章 ミルジャン・ダマシュカ『裁判と国家の権威の諸様相−法過程への比較によるアプローチ』
    • 一 はじめに
    • 二 権威の組織 オフィシャルの二つの理念型
    • 三 国家の二つの型と法的手続の目的の観点からの分析
    • 四 権威と裁判の類型
    • 五 おわりに