サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

目次

  • 序章 死産児の来し方
    • 第一節 〈死産児〉という空白の研究領域
    • 第二節 フランスにおける死産児と生命倫理
    • 第三節 本書の主題と方法および構成
  • 第一章 「生命のない子ども」の条件およびその証明
    • 第一節 生まれる前に死んだ子の証
    • 第二節 「生命のない子どもの証明書」と「生存可能性」基準
    • 第三節 民法典第七九条の一と「生命のない子どもの証明書」の作成条件
    • 第四節 二〇〇八年二月六日の破毀院判決
    • 第五節 「中絶の権利」、胚や胎児の地位、「医療廃棄物」をめぐる混乱
    • 第六節 小括
  • 第二章 医学的人工妊娠中絶(IMG)と「死産」の技法
    • 第一節 生きて生まれる中絶胎児
    • 第二節 日本における人工妊娠中絶
    • 第三節 フランスにおける人工妊娠中絶−犯罪化および合法化の歴史
    • 第四節 医学的人工妊娠中絶(IMG)の変遷−治療的理由による中絶とは
    • 第五節 医学的人工妊娠中絶(IMG)における胎児の適応と審議
    • 第六節 「死産」の技法−「胎児安楽死」と「胎児殺し」
    • 第七節 小括
  • 第三章 死産児の死体−行方と処遇
    • 第一節 〈人〉の死体の概念
    • 第二節 二〇〇五年の「管理を忘れ去られた三五一の胎児」事件−その概要と胎児の死体の行方
    • 第三節 胎児の死体はどのような場合に保存できるのか
    • 第四節 胎児の死体と焼却・葬儀(火葬/埋葬)
    • 第五節 胎児の死体と解剖
    • 第六節 問題の本質は何か
    • 第七節 小括
  • 終章 結論と今後の課題