サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

地理情報科学 GISスタンダード

地理情報科学 GISスタンダード

  • 浅見 泰司(編)/ 矢野 桂司(編)/ 貞広 幸雄(編)/ 湯田 ミノリ(編)
  • 1 地理情報科学
    • 1.1 実世界とその概念モデル
    • 1.2 地理情報と地理データ
    • 1.3 地理情報科学
    • 1.4 地理情報科学の研究内容
    • 1.5 地理情報科学の関連研究分野
  • 2 地理情報システムと地理情報科学の歴史
    • 2.1 世界のGISの歴史
    • 2.2 日本のGISの歴史
  • 3 空間的思考とGIS
    • 3.1 空間的思考と関連する概念
    • 3.2 空間的思考の構成要素
    • 3.3 空間的思考の応用
    • 3.4 空間的思考の教育とGIS
    • 3.5 おわりに
  • 4 空間事象のモデル化と形式化
    • 4.1 空間事象の認知
    • 4.2 モデルの記述
    • 4.3 モデルの形式化
    • 4.4 UML
    • 4.5 空間情報のためのメタモデル
    • 4.6 平面上の空間スキーマ
    • 4.7 一般地物モデル
    • 4.8 応用スキーマ
    • 4.9 インスタンスモデル
    • 4.10 まとめ
  • 5 測量
    • 5.1 地上測量
    • 5.2 GNSS測量
    • 5.3 写真測量
    • 5.4 レーザ測量
  • 6 リモートセンシングとその解析
    • 6.1 センサとその観測波長帯
    • 6.2 プラットフォーム
    • 6.3 画像のカラー合成と強調
    • 6.4 画像の幾何補正
    • 6.5 可視・近赤外リモートセンシングデータの解析
    • 6.6 熱赤外リモートセンシングデータの解析
    • 6.7 合成開口レーダによって得られたデータの解析
    • 6.8 データの入手
  • 7 既存データの地図データと属性データ
    • 7.1 国・地方自治体のGISデータ
    • 7.2 民間のGISデータ
    • 7.3 デジタル化されていない地理空間情報のGIS化
    • 7.4 おわりに
  • 8 空間データ
    • 8.1 空間データの品質
    • 8.2 空間データの変換
    • 8.3 ジオコーディング(Geocoding)
  • 9 空間データベース
    • 9.1 データベースシステム
    • 9.2 データベース管理システム
    • 9.3 空間検索と空間索引
    • 9.4 空間データベース言語
    • 9.5 空間データベースの現状と今後
  • 10 空間データの統合・修正
    • 10.1 接合(モザイク)
    • 10.2 ベクタ編集(データのエラーと修正)
    • 10.3 欠落情報の補足(統計的手法,補間の概念)
    • 10.4 ラスタ・ベクタ変換
  • 11 基本的な空間解析
    • 11.1 基本量の測定
    • 11.2 空間オブジェクトの選択
    • 11.3 その他の空間データの操作
    • 11.4 オーバーレイ分析
  • 12 ネットワーク分析
    • 12.1 最短経路探索
    • 12.2 グラフ・ネットワークの用語
    • 12.3 最大流問題
    • 12.4 ネットワーク構造分析
    • 12.5 プログラム例
  • 13 領域分析
    • 13.1 バッファによる領域分析
    • 13.2 ボロノイ分割による領域分析
  • 14 点データの分析
    • 14.1 視覚的分析
    • 14.2 数理的分析
  • 15 ラスタデータの分析
    • 15.1 視覚的分析
    • 15.2 集計と基本統計分析
    • 15.3 フィルタリング
    • 15.4 ラスタ演算
    • 15.5 流域解析
    • 15.6 コストパス解析
    • 15.7 セル・オートマトン(cellular automaton)
  • 16 傾向面分析
    • 16.1 傾向面分析の基礎
    • 16.2 傾向面分析の適用例
    • 16.3 残差分析
    • 16.4 多項式以外への当てはめ
  • 17 空間的自己相関
    • 17.1 空間的自己相関分析の系譜
    • 17.2 空間的自己相関に関する統計量
  • 18 空間補間
    • 18.1 補間点近傍の観測値を用いる空間補間法
    • 18.2 大域的な観測値を用いる空間補間法
  • 19 空間相関分析
    • 19.1 空間的相関関係の計量化
    • 19.2 空間的相関関係を組み込んだモデリング
  • 20 空間分析におけるスケール
    • 20.1 2つの空間スケール問題
    • 20.2 空間分析単位の問題
    • 20.3 ローカル・グローバル問題
  • 21 視覚的伝達
    • 21.1 ビジュアリゼーションとは
    • 21.2 空間情報の視覚化の起こり
    • 21.3 視覚的伝達の意義
    • 21.4 視覚的伝達方法の類型化
    • 21.5 錯視(オプティカル・イルージョン)
    • 21.6 視覚的分析
  • 22 地図の表現モデル
    • 22.1 表現モデル
    • 22.2 主題図の表現方法
  • 23 地図のデザイン
    • 23.1 表示範囲
    • 23.2 背景図
    • 23.3 地図記号の体系化
    • 23.4 地図の整飾とレイアウト
    • 23.5 出力図の作成
  • 24 双方向環境のマッピング
    • 24.1 地図の利用とマッピング環境
    • 24.2 ウェブマッピング
    • 24.3 ユビキタスマッピング
    • 24.4 バーチャルマップ
    • 24.5 ユビキタス空間情報社会の展望と課題
  • 25 GISの社会貢献
    • 25.1 地図自動作成と施設管理
    • 25.2 空間意思決定支援システム
    • 25.3 位置情報サービス
  • 26 参加型GISと社会貢献
    • 26.1 GISのSの意味
    • 26.2 社会貢献としてのクライシスマッピング
    • 26.3 ハイチ地震での現地活動への貢献
    • 26.4 東日本大震災での取り組み
    • 26.5 東日本大震災以降の動き
    • 26.6 クライシスマッピングの特徴
    • 26.7 市民による参加型GISからGeoDesignへ
    • 26.8 まとめ
  • 27 空間データの流通と共用
    • 27.1 空間データ基盤の開発と実践
    • 27.2 流通と共用のための空間データ
    • 27.3 空間データの流通・共用と法制度
  • 28 組織におけるGISの導入と運用
    • 28.1 導入に向けた計画づくり
    • 28.2 GISの設計,実装
    • 28.3 地理空間情報データの整備
    • 28.4 GISの運用,人材育成
    • 28.5 地域課題の解決に向けて
  • 29 GISと教育・人材育成
    • 29.1 学校教育とGIS
    • 29.2 社会におけるGISと教育
    • 29.3 GISの普及を支える学協会
  • 30 GISと未来社会
    • 30.1 高度情報通信ネットワーク
    • 30.2 クラウドセンシングと参加型センシング
    • 30.3 高度地理空間情報社会