サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

伊藤博文文書 影印 1第125巻 秘書類纂外交 12

伊藤博文文書 影印 1第125巻 秘書類纂外交 12

  • 伊藤博文文書研究会(監修)/ 檜山 幸夫(総編集)/ 熊本 史雄(編集・解題)
  • 一 朝鮮駐箚露国公使交代并露国の対韓政策の件 在露国公使西徳二郎 外務大臣臨時代理西園寺公望宛 機密第一二号 明治二十八年九月九日
    • 別紙〈モスコフ新聞紙掲載露国対日政策〉
  • 二 露国に於て発表したる清国外債の件 明治二十八年九月十二日
    • 〈別紙〉〈清国外債に関する大蔵外務両省の機関新聞などの諸説につき訳文報告〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第一五六号 明治二八年九月一一日
  • 三 露国に於て鉄道布設地踏査のため満州へ測量隊派遣の件 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第一五五号 明治二十八年十月二十二日
    • 別紙〈露国において鉄道布設地踏査のため満州へ測量隊派遣に関し報告の件〉 在浦潮港貿易事務官二橋謙 外務次官原敬宛 機密第一五号 明治二十八年十月五日
  • 四 露国軍艦動静の件
    • 四−1 〈露国軍艦動静に関する報告書申達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第一六一号 明治二十八年十月二十三日
    • 四−2 〈露国軍艦動静に関する報告書申達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第一七八号 明治二十八年十一月九日
  • 五 露国汽船サラトフ号乗客身分取調の件 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第一七三号 明治二十八年十一月二日
    • 別紙 露国汽船サラトフ号乗客身分取調の件 在浦潮港貿易事務官二橋謙 外務次官原敬宛 機密第一九号 明治二十八年十月二十四日
  • 六 在清英国公使李鴻章の依頼を受け恭親王に忠告の件 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第一九〇号 明治二十八年十一月二十一日
    • 別紙〈在清英国公使李鴻章の依頼を受け恭親王に忠告につき報告〉 在清国公使林董 外務大臣臨時代理西園寺公望宛 機密第七一号信 明治二十八年十一月四日
  • 七 清国に対する独逸の動静 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第一九四号 明治二十八年十一月二十八日
    • 別紙 清国に対する独逸国の動静に関する風説具申 在上海総領事館事務代理領事官補永瀧久吉 外務次官原敬宛 機密第二四号 明治二十八年十一月十五日
  • 八 日露仏三国に関する欧州の輿論に付在英フレデリックキ・マーシャル報告 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第二六一号 明治二十八年十二月五日
    • 別紙 仏露及日本国に関する欧州の輿論 フレデリッキ・マーシャル 外務大臣臨時代理西園寺公望宛 機密報告第一三八号 一八九五年九月二十七日
  • 九 南米「ヴエネツエラ」国と英領「ギヤナ」との国境問題の件 内閣総理大臣伊藤博文 閣員(除外務大臣)宛 回覧 明治二十九年二月二十一日
    • 〈別紙〉〈南米「ヴェネヅエラ」国と英領「ギヤナ」との国境問題に関する英米両国の交渉事件につき報告書三通申達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第六八号 明治二十九年二月二十日
  • 一〇 朝鮮二月十一日事変後状況報告 附仁川局長電報
    • 一〇−1 〈朝鮮二月十一日事変後の状況に関する報告書〉 外務大臣進達〈につき回覧〉 内閣総理大臣伊藤博文 閣員(除外務大臣)宛 明治二十九年三月九日
    • 一〇−2 附仁川局長電報
  • 一一 露国軍艦マンジュール号并捕鯨船ニコライ号朝鮮元山港附近に出没の報告
    • 一一−1 〈露国軍艦マンジュール号并捕鯨船ニコライ号朝鮮元山付近に出没に関する報告書進達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣臨時代理黒田清隆宛 機密送第八八号 明治二十九年三月三十一日
    • 一一−2 〈朝鮮国北部における露国測量隊並に日本測量隊の状況に関する報告書進達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣臨時代理黒田清隆宛 機密送第八九号 明治二十九年三月三十一日
  • 一二 朝鮮咸鏡道甲山附近清人の暴行報告 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第一九三号 明治二十九年四月二日
  • 一三 二月十一日朝鮮事変後仁川港状況
    • 一三−1 〈二月十一日事変後の仁川港の状況に関する続報進達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第一九四号 明治二十九年四月二日
    • 一三−2 〈朝鮮国京城の近況に関する続報進達〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第一九五号 明治二十九年四月二日
  • 一四 海外近況略記
    • 一四−1 〈海外近況略記供覧〉 外務大臣陸奥宗光 内閣総理大臣伊藤博文宛 明治二十九年四月二十四日
    • 一四−2 露国派遣山県全権大使のニュー・ヨーク発着に関する報告書進達 外務大臣陸奥宗光 内閣総理大臣伊藤博文宛 送第二八六号 明治二十九年五月二十二日
  • 一五 電報綴込
    • 一五−1 〈日清戦争に関する仏国の意向報告〉 在仏国公使〈曾禰荒助〉 外務大臣陸奥宗光宛 電報第七号 〈明治二十八年〉二月十二日
    • 一五−2 〈清国の崩壊を恐れる英国の態度報告〉 在英国公使〈加藤高明〉 外務大臣陸奥宗光宛 電報第七六号 〈明治二十八年〉二月十三日
    • 一五−3 〈日清戦争に関する米国の意向報告〉 在米国公使栗野慎一郎 外務大臣陸奥宗光宛 電報第一六号 〈明治二十八年〉二月十三日
    • 一五−4 〈「タイムス」の記事は事実無根なる旨報告〉 在露国公使西徳二郎 外務大臣陸奥宗光宛 電報第五号 〈明治二十八年〉二月十三日
    • 一五−5 〈日清戦争講和談判に関する英国諸報道報告〉 在英国公使〈加藤高明〉 外務大臣陸奥宗光宛 電報第七七号 〈明治二十八年〉二月十七日
    • 一五−6 〈土地割譲に関し露国外相代理との談話要旨につき報告〉 在露国公使西徳二郎外務大臣陸奥宗光宛 電報第九号 〈明治二十八年〉二月二十一日
    • 一五−7 〈列国の動向に関する米国国務長官の談話につき報告〉 在米国公使栗野慎一郎 外務大臣陸奥宗光宛 電報第一九号 〈明治二十八年〉二月二十日
    • 一五−8 〈講話の条件に関し露国外務省アジア部長との談話内容につき報告〉 在露国公使西徳二郎 外務大臣陸奥宗光宛 電報第一九号 〈明治二十八年〉二月二十一日
    • 一五−9 〈下関講和条約に関する照会に付仏国外務大臣無回答の旨報告〉 在仏国公使曾禰荒助 外務大臣臨時代理西園寺公望宛 電報第二二号 明治二十八年八月六日
    • 一五−10 〈下関講和条約第九条第二項に関する清国政府の回答につき報告〉 外務大臣臨時代理西園寺公望 内閣総理大臣伊藤博文宛 親展送第九〇号 明治二十八年七月二十二日
    • 一五−11 〈清国政府優柔不断のため公債談判中止の情報につき報告〉 在清国公使林董外務大臣臨時代理西園寺公望宛 電報第一〇七号 明治二十九年二月四日
  • 一六 山県大将特派大使として露国に差遣に付訓令案
    • 一六−1 訓令案 外務大臣臨時代理西園寺公望 遣露国特命全権大使山県有朋宛 機密送第一号 明治二十九年三月十三日
    • 一六−2 内訓案 外務大臣臨時代理西園寺公望 遣露国特命全権大使山県有朋宛 内訓第一号 明治二十九年三月十三日
  • 一七 明治二十九年三月十六日本野秘書官露国代理公使「スペイヤー」氏と対韓善後策に関し内話の件
  • 一八 秋山雅之助より陸奥外相へ宛たる書簡 外務大臣陸奥宗光宛 明治二十九年四月十八日
  • 一九 在英加藤高明より陸奥外相へ来簡 在英国公使加藤高明 外務大臣陸奥宗光宛 〈明治二十九年〉五月五日
  • 二〇 特派大使山県侯巴里発来簡并仏国総理大臣及外務大臣と談話筆記 仏国閣員との談話に付申進 遣露国特命全権大使山県有朋 外務大臣陸奥宗光宛 明治二十九年五月九日
    • 別簡〈条約改正に関する仏国内閣総理大臣及外務大臣との会見談話略記進達〉 遣露国特命全権大使山県有朋 外務大臣陸奥宗光宛 明治二十九年五月十日
  • 二一 高平在伊公使来簡澳国条約改正の件 在墺国公使高平小五郎 外務大臣陸奥宗光宛 〈明治二十九年〉五月二十日
  • 二二 在露西公使より電報山県特派大使露国政府へ提出したる日露協商問題
    • 二二−1 〈山県より露国側へ提議した朝鮮問題に関する日露協議案につき報告〉 在露国公使西徳二郎 外務大臣陸奥宗光宛 電報第二号 明治二十九年五月二十六日
    • 二二−2 〈山県より提議した朝鮮問題に関する協議案に対し露国側追加一カ条につき報告ならびに請訓〉 在露国公使西徳二郎 外務大臣西園寺公望宛 電報第四号 明治二十九年六月七日
  • 二三 朝鮮問題に関する議定書の件 附西公使電報
    • 二三−1 〈山県より朝鮮問題に関する議定書に対し日露両国調印につき報告〉 在露国公使西徳二郎 外務大臣西園寺公望宛 電報第五号 明治二十九年六月九日
    • 二三−2 朝鮮問題に関する議定書の件
    • 附 〈朝鮮問題に関する議定書に対し西公使より意見具申〉 在澳国公使高平小五郎 外務大臣西園寺公望宛 電報第一五号 明治二十九年七月五日