サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

伊藤博文文書 影印 1第126巻 秘書類纂外交 13

伊藤博文文書 影印 1第126巻 秘書類纂外交 13

  • 伊藤博文文書研究会(監修)/ 檜山 幸夫(総編集)/ 熊本 史雄(編集・解題)
  • 一 千八百九十一年六月十日伯林三国同盟に付独逸政略
    • 一−1 千八百九十一年六月十日伯林報告
    • 一−2 千八百九十一年六月十七日伯林報告
  • 二 漢口在勤英国領事「クリストファー・チー・ガードナル」氏が本国外務大臣に送呈したる報告書 一八九二年五月十九日
  • 三 清国両湖総督の事業報告
  • 四 清国の軍備 (北清日々新聞抄訳)
  • 五 在英国フレデリック・マーシャル氏露国ヒトロヴォ氏に関する報告 一八九二年八月九日
  • 六 露国公使ヒトロヴォ秘密書類の件
    • 六−1 露国公使ヒトロヴォ秘密書類の件 メモリヤル・ヂプロマチック雑誌 一八九二年八月六日
    • 六−2 露国公使秘密書類の件 メモリアル・ジプロマチック新聞 〈一八九二年〉八月二十日
  • 七 埃及事報 フレデリック・マーシャル 外務大臣陸奥宗光宛 一八九三年一月二十三日
  • 八 悉比利鉄道敷設に随伴する利益及諸経費節減の事
  • 九 ニカラガ運河工事概況
  • 一〇 葡萄牙財政の危機に関し「マルシヤール」氏より報告 フレデリック・マーシャル 報告第七一号 一八九二年二月二十日
  • 一一 在英公使報告露国西伯利汽車道築設調査の件
    • 露国西伯利汽車道築設調査の件 在英国公使河瀬真孝 〈外務大臣榎本武揚宛〉 公使報告第一〇号 明治二十四年七月二日
    • 〈附〉〈独伊墺三国同盟に関する欧州情勢につき報告〉 在墺国公使渡辺洪基 外務大臣榎本武揚宛 通常報告第六号 明治二十四年七月六日
  • 一二 清廷近今之形勢 在清国公使大鳥圭介 外務大臣榎本武揚宛 機密第三九号 明治二十四年七月二十三日
  • 一三 独国「ウィルヘルム」皇帝英国へ御遊幸に関し欧州大陸に於ける政治上の観察 〈在独国臨時代理公使井上勝之助〉 〈外務大臣榎本武揚宛〉 通常報告第八号 明治二十四年七月二十三日
  • 一四 仏国三国同盟に対する姿勢の一班 在仏国臨時代理公使大山綱介 外務大臣榎本武揚宛 通常報告第一〇号 明治二十四年七月二十五日
  • 一五 在英林領事外務大臣への書信 〈独伊墺三国同盟に関し報告〉 在倫敦領事林権助 外務大臣陸奥宗光宛 〈明治二十七年〉十月五日
    • 別紙〈スタンダード新聞記事切抜〉
  • 一六 在英公使報告欧州近情
    • 一六−1 欧州近情 〈在英国公使河瀬真孝〉 〈外務大臣榎本武揚宛〉 公使報告第一三号ノ三 明治二十四年十一月十九日
    • 一六−2 欧州近情 〈在英国公使河瀬真孝〉 〈外務大臣榎本武揚宛〉 公使報告第一三号ノ五 〈明治二十四年〉十一月二十八日
  • 一七 米国大統領ハリソン氏議会へ提出の通牒書 〈米国大統領より議会へ提出の通牒書の件〉 〈内閣書記官長伊東巳代治〉 〈内閣総理大臣臨時代理井上馨宛〉 明治二十六年一月十三日
    • 〈別紙〉〈米国大統領より議会へ提出の通牒書進達〉 外務大臣陸奥宗光 内閣総理大臣臨時代理井上馨宛 送第七一号 明治二十六年一月十二日
  • 一八 布哇革命に付在英米公使電報 布哇革命に関する在英米両国公使電報進達 外務大臣陸奥宗光 内閣総理大臣伊藤博文宛 〈明治二十六年〉二月二日
    • 〈別紙1〉布哇革命に関する英国内情況の報告ならびに請訓 在英国公使河瀬真孝 外務大臣陸奥宗光宛 一八九三年二月一日
    • 〈別紙2〉布哇国による米国への合併請願に関する米国大統領および議会の意向につき報告 在米国公使建野郷三 外務大臣陸奥宗光宛 一八九三年二月一日
  • 一九 榎本外務大臣邸に於て伊藤枢密院議長青木全権公使等商議の結果 外務大臣榎本武揚 明治二十五年三月〈日欠〉
  • 二〇 陸奥外務大臣提出条約改正の議に付閣議 内閣総理大臣伊藤博文宛 閣議請議書 明治二十六年七月五日
  • 二一 井上毅より榎本外務大臣へ与る書〈外国人の不動産所有禁止につき申進〉 〈明治二十五年〉四月二十五日