サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

心理統計 2 分散分析とノンパラメトリック検定

心理統計 2 分散分析とノンパラメトリック検定 (現代心理学シリーズ)

  • 嶋崎 恒雄(著)/ 今田 寛(監修)/ 八木 昭宏(監修)
  • 1章 分散分析:1要因の場合−完全無作為法と乱塊法
    • 1−1 分散分析とはなにか
    • 1−2 完全無作為法の分散分析:要因が参加者間の場合(CRデザイン)
    • 1−3 乱塊法の分散分析:要因が参加者内の場合(RBデザイン)
    • 1−4 分散分析で明らかになること
    • 1−5 分散分析の実際の計算について
  • 2章 分散分析:2要因の場合
    • 2−1 交互作用効果
    • 2−2 両方の要因とも参加者間要因である場合(CRF−pqデザイン)
    • 2−3 片方が参加者間要因で他方が参加者内要因である場合(SPF−p.qデザイン)
    • 2−4 両方の要因とも参加者内要因である場合(RBF−pqデザイン)
  • 3章 多重比較:1要因の分散分析に対して
    • 3−1 多重比較の基本的な考え方
    • 3−2 テューキーのHSD検定
    • 3−3 ニューマン・クールズの検定と段階法
    • 3−4 テューキーのWSD検定
    • 3−5 ライアン法
    • 3−6 それぞれの多重比較法の特徴
  • 4章 多重比較:2要因の分散分析に対して
    • 4−1 2要因の場合の基本的な考え方
    • 4−2 両方の要因とも参加者間要因である場合(CRF−pqデザイン)
    • 4−3 片方が参加者間要因で他方が参加者内要因である場合(SPF−p.qデザイン)
    • 4−4 両方の要因とも参加者内要因である場合(RBF−pqデザイン)
  • 5章 ノンパラメトリック検定
    • 5−1 対応のない2水準のデータに対する検定
    • 5−2 対応のある2水準のデータに対する検定
    • 5−3 対応のない3水準以上のデータに対する検定
    • 5−4 対応のある3水準以上のデータに対する検定
  • 6章 その他の検定
    • 6−1 等分散性の検定
    • 6−2 相関係数の検定
    • 6−3 正確確率法
  • 7章 効果量と検定力分析
    • 7−1 効果についての3種類の視点
    • 7−2 効果量
    • 7−3 t検定における効果量
    • 7−4 分散分析とχ2検定における効果量
    • 7−5 効果量の大きさの目安
    • 7−6 検定力
    • 7−7 検定力分析
  • 補遺 実際の計算:Rを使って
  • 付表
    • A−1 Fの臨界値(有意水準5%)
    • A−2 Fの臨界値(有意水準1%)
    • B−1 スチューデント化された範囲(q)の臨界値(有意水準5%)
    • B−2 スチューデント化された範囲(q)の臨界値(有意水準1%)
    • C χ2の臨界値
    • D ウィルコクソンの符号順位検定のTの臨界値
    • E マン・ホイットニーのU検定のUの臨界値