サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

目次

  • 序章 建築の「ものづくり分析」を行う意味
    • 1 なぜ建築業のものづくり分析を行うのか
    • 2 ものづくり経営学と建築学
    • 3 本書の構成
  • 第Ⅰ部 ものづくり経営学から見た建築
  • 第1章 建築物と「広義のものづくり」分析
    • 1 「広義のものづくり」とは:良い設計の良い流れ
    • 2 建築物のものづくり分析(1):ストック側面
    • 3 建築物のものづくり分析(2):建築物のフロー側面
    • 4 建築における設計循環の全体像
    • 5 建築物の機能と構造
    • 6 建築の産業分析:現場発の視点から
    • まとめ:新たな視点からの建築産業論
  • 第2章 日本型建築生産システムの成立とその強み・弱み
    • はじめに
    • 1 日本の建設産業の強み;取引リスクと関係レントによる説明
    • 2 日本型建築生産システムの特性
    • 3 転換を境に最大化した構造的リスク:強みが弱みに
    • 4 持続可能な建築産業像と強みの保持に向けて
    • 5 設計施工一貫方式の今後
  • 第3章 建築における価値創造
    • はじめに
    • 1 建築の競争環境:発注側,受注側ともにジレンマを抱える仕組み
    • 2 建築分野における健全な競争環境の構築
    • 3 建築におけるこれからの価値創造の方向性
  • 第4章 プロダクトからサービスへ
    • 1 人工物としての建築と建築の機能
    • 2 市場の変容と建築の考え方の変化
    • 3 使い方・住まい方のカスタマイゼーションへ
    • 4 ストック時代の産業枠組み
    • 5 サービス・プロバイダーのビジネスモデル
    • 6 サービス・プロバイダーが定着・展開するための諸条件
    • おわりに
  • 第Ⅱ部 建築ものづくりの特徴
  • 第5章 建築の特徴のとらえ方
    • 1 建築の基本的な特徴
    • 2 類型化による建築の全体像の把握
    • 3 価値創造の視点から見る建築の類型化
    • 4 多様な建築に関する正確な理解の必要性
  • 第6章 「アーキテクチャ」から見た日本の建築ものづくり
    • 1 はじめに
    • 2 建築ものづくりの「アーキテクチャ」による記述
    • 3 日本の建築ものづくりのアーキテクチャ
    • 4 日本の建築における機能−構造−工程−生産組織の関係性
    • 5 構成要素の重層性から見たアーキテクチャの特性
    • 6 建築産業の組織特性と製品アーキテクチャの関係性
    • 7 構造−工程アーキテクチャを擦り合わせる構工法計画
    • 8 建築ものづくりのアーキテクチャとBIM
  • 第7章 建築におけるアーキテクチャの位置取り戦略
    • はじめに
    • 1 アーキテクチャの位置取り戦略とは
    • 2 日本の建築物とアーキテクチャの位置取り
    • 3 建築物のアーキテクチャ位置取り戦略の諸類型
    • 4 人工物の階層構造と中外アーキテクチャの分析
    • 5 住宅分野の分析
    • 6 非住宅分野の分析
    • 7 その他の分野
    • 8 まとめ
  • 第Ⅲ部 建築ものづくりにおける課題と展望
  • 第8章 建築の顧客
    • 1 建築の顧客とは
    • 2 顧客システム
    • 3 建築物の顧客システム
    • 4 建築の顧客システムの分析
    • 5 ディスカッション
    • おわりに
  • 第9章 建築物の価格設定
    • はじめに
    • 1 建築価格決定の不確実性・不安定性
    • 2 機能と価格に関する従来の経済分析
    • 3 建築物の価格設定の特徴と進化
    • 4 個別の建物(物件)取引における価格
    • 5 建築の価格設定に関する問題解決に向けて
    • おわりに
  • 第10章 建築産業の契約に関する分析
    • はじめに
    • 1 ゲーム理論
    • 2 情報の経済学
    • 3 基本的な契約モデル
    • 4 契約後に生じる事態への対処
    • まとめ
  • 第11章 建築の組織論
    • 1 はじめに:なぜ,統合者(system integrator)が重要か
    • 2 製造業の製品開発プロセスにおける統合者(開発リーダー)のあり方
    • 3 建築の活動はプロジェクトを基盤とする
    • 4 建築プロジェクトにおけるシステム統合にかかわる論点
    • 5 建築プロジェクトにおけるまとめあげの事例
    • 6 建築プロジェクトにおける統合者像
  • 終章 建築産業のものづくりのあり方
    • 1 本書が提示した論点
    • 2 浮かび上がってきた建築産業の課題
    • 3 今後の展望と提言
    • 4 結語:開かれた建築業を目指して