サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章
    • 一、本書の概要
    • 二、東アジア中世の「京都」
    • 三、日本の中世都市像
    • 〈コラム1〉道は「公界」
    • 〈コラム2〉京都の空間構造
  • 第一部 海の「京都」の空間構造
  • 第一部はじめに
  • Ⅰ 京都
  • 第一章 中世の巨大都市・京都−空間構造と社会
    • 一、室町期京都の特色
    • 二、室町期京都の空間形成
    • 三、都市空間の形態と構造
    • 〈コラム3〉寄合と雑談の建築
  • 第二章 日本中世の「王都」
    • 一、「京都」へ
    • 二、「王都」の成立
    • 三、「王都」の展開
    • 四、武家の「王都」
    • 〈コラム4〉平泉
  • 第三章 足利義満の「王都」−大規模開発と地域空間形成
    • 一、内裏と仙洞
    • 二、室町殿
    • 三、相国寺
  • 第四章 中世「王都」の解体−上京の地域形成
    • 一、将軍御所と地域空間形成
    • 二、上杉本洛中洛外図屛風にみる室町殿と細川殿
    • 三、細川殿と上京の地域空間形成
  • 第五章 織田信長と京の城−近世都市・京都へ
    • 一、義輝の城−都市支配の城の出現
    • 二、天下人信長と「武家の城」
    • 三、「武家の城」の歴史的意義
  • 第六章 豊臣秀吉の「王都」
    • 一、秀吉の政権構想と「首都」
    • 二、京都〈首都城下町〉の大造営
  • 第七章 京・まちづくり史
    • 一、京都人の誕生と「住みこなし型まちづくり」−平安時代〜室町時代
    • 二、まちづくりの担い手・町衆の誕生と「計画型まちづくり」−戦国時代
    • 三、町人と「町(ちょう)」の「計画型まちづくり」−安土桃山時代・江戸時代
    • 〈コラム5〉四条綾小路−祇園祭と町・町家
  • 小論1 京の通り名
    • 一、京の通り名の歌
    • 二、通り名の歌は何を物語っているか
    • 三、「通り」はいつ生まれたのか
    • 四、町小路から新町通りへ
  • 第八章 生業と地域空間形成
    • 一、表長屋の同業者店舗
    • 二、中世前期の市と町
    • 三、町座とその施設
    • 四、立売の展開
    • 〈コラム6〉京都・六角町−「まち」から「ちょう」へ
    • 〈コラム7〉扇の座−製作と商いの場
    • 〈コラム8〉茶屋−町衆文化の一断面
  • 小結
    • 一、義満と秀吉の「王都」
    • 二、武家政権の「首都」
  • Ⅱ 首里・那覇
  • 第九章 「王都」首里の大規模都市開発
    • 一、琉球王国の成立と王都の荘厳
    • 二、禅宗寺院の状況−鐘銘を素材として
    • 三、禅宗寺院と国家・王権
  • 第一〇章 「浮島」那覇の造営と地域形成
    • 一、浮島はげらえて−造成された「那覇」
    • 二、「那覇」の造営と首里王権
    • 三、十五世紀那覇島の諸相
  • 第一一章 那覇の三つの天妃宮−成立と展開、立地をめぐって
    • 一、久米村と上天妃宮
    • 二、天妃宮の外交機能
    • 三、天妃宮の所在地
    • 四、天妃宮の創建
    • 五、天妃宮の変遷
  • 第一二章 波上権現護国寺の再興
    • 一、近世の波上権現・護国寺−問題の所在
    • 二、波上権現の再興
    • 三、護国寺の再興
  • 付論 補陀落渡海僧日秀上人と琉球−史書が創った日秀伝説
    • 一、近世琉球と日秀
    • 二、金峰山三所大権現の創建−日秀の漂着地とその時期
    • 三、波上権現の再興と日秀
    • 四、日秀と那覇・首里・浦添における事蹟
  • 小結
    • 一、首里・那覇の並列性・二重性
    • 二、首里・那覇の社会・文化・空間の構造(双対性)
  • 第一部おわりに
  • 第二部 海の「京都」と自然
  • 第二部はじめに
  • Ⅰ 京都
  • 第一章 京都と山並み
    • 一、古代日本の山・山並み
    • 二、都城と山・山並み
    • 三、平安京と山・山並み
    • 四、都市生活の発展と自然−五山の送り火を素材として
  • 第二章 京都と名所の形成
    • 一、平安京と名所
    • 二、「花の都」
    • 三、「面白の花の都」
    • 四、都市と名所をみる視点
  • 第三章 「市中の山居」と京町家の庭
    • 一、京町家の庭
    • 二、前栽や坪庭はどのように成立したのか
    • 三、「市中の山居」と「下京茶湯」
    • 四、「市中の山居」の意味
  • 第四章 京都−中世日本の環境都市
    • 一、資源としての町家
    • 二、洛中と洛外の共生−路上の公衆便所をめぐって
  • 第五章 慶長大地震と京都・伏見
    • 一、慶長大地震と京都
    • 二、慶長大地震と伏見・伏見城
  • 第六章 平安京・京都と危機
    • 一、古都京都と災害
    • 二、「水の都」平安京・京都
    • 三、内乱と天変地異と京都の危機
  • Ⅱ 首里・那覇
  • 第七章 古琉球の禅宗寺院とその境致
    • 一、那覇の禅院の〈境致〉−「中山八景」
    • 二、円覚寺と「円覚寺八景」
  • 第八章 首里・那覇とその八景
    • 一、八景の伝来と受容
    • 二、那覇の八景−都市八景の創出
    • 三、首里の八景−都市八景の定着
    • 四、八景の持続と展開
  • 第九章 東苑とその八景
    • 一、創建期の東苑
    • 二、能仁堂−仏堂から書院へ
    • 三、東苑八景の成立
  • 第一〇章 同楽苑とその八景
    • 一、問題の所在
    • 二、蔡文溥による同楽苑の詩文
    • 三、同楽苑とその八景の特色−結びにかえて
  • 第一一章 首里・那覇の風景−胡靖『琉球記』から
    • 一、胡靖撰『琉球記』(『杜天使冊封琉球眞記奇観』)
    • 二、琉球図の変遷−琉球過海図から使琉球図へ
    • 三、描かれた首里・那覇−絵画史料としての胡靖「琉球図」
  • 第二部おわりに
  • 第三部 居住環境の中世史
  • プロローグ−集落・都市のはじまり
  • 第一章 中世的都市空間の創出
    • 一、平安京から京都へ
    • 二、平城京から奈良へ
    • 三、東国の「都」
    • 四、都市住居の成立
  • 第二章 荘園領主の都市・京都
    • 一、京都の都市的発達
    • 二、荘園領主の邸宅
    • 三、住空間の分化と発展
  • 第三章 地方の都市と農村
    • 一、武家の首都・鎌倉
    • 二、国衙・守護所
    • 三、地方武士の住居
    • 四、津・宿・市・町
    • 五、農村と住居
  • 第四章 巨大都市・京都
    • 一、南北朝・室町期の都市発展
    • 二、喫茶の空間の展開−都市文化の発展
    • 三、会所とその発展−書院造の形成へ
    • 四、十境−環境造形の思想
  • 第五章 首都圏とその文化の形成
    • 一、三都の発展
    • 二、住空間構成の変質
    • 三、草庵の伝統と茶屋の文化
  • 第六章 近世都市の胎動
    • 一、畿内近国の村と町
    • 二、地方都市の展開
    • 三、織豊政権と近世都市化
  • 小論2 将軍御所の壇所−雑談の場として
    • 一、武家護持僧と壇所
    • 二、義教と月次壇所
    • 三、将軍御所と壇所
  • 小論3 聚楽第と「唐獅子図屛風」
    • 一、聚楽第の大造営と後陽成天皇行幸
    • 二、聚楽第の大広間
    • 三、狩野永徳の「唐獅子図屛風」
    • 四、「唐獅子図」を飾る御殿
  • 結章 都市史研究とまちづくり
    • 一、「まちづくり史」とは
    • 二、京都らしい都市景観とその継承
    • 三、京都・岡崎の文化的景観−京都のなかの岡崎
    • 四、京都・祇園祭山鉾町の文化的景観−京町家とまちづくり
    • 五、都市・建築史学と文化的景観