サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

英学会話書の研究

英学会話書の研究

  • 常盤 智子(著)
    • 1.本書の目的と構成
    • 2.英学資料における英学会話書
    • 3.日本語史研究からみた特徴
  • 第1部 英学会話書概観
    • 第1章 英学会話書概観
    • 第2章 英学会話書一覧の分析Ⅰ
    • 第3章 英学会話書一覧の分析Ⅱ
    • 第4章 研究上の課題
  • 第2部 英学会話書の資料と研究
    • 第1章第1節 J.リギンズ著『英和日用句集』の成立過程−『南山俗語考』との関連を中心に−
    • 第2節 英学会話書『英和日用句集』の人称代名詞−『南山俗語考』・『英和日用句集(初版)』・『同(三版)』の比較から−
    • 第3節 J.リギンズ著『英和日用句集』から『英和通弁手引草』へ
    • 第2章第1節 J.F.ラウダー著『日英会話書』の日本語−成立・構成・表記について−
    • 第2節 J.F.ラウダー著『日英会話書』の日本語−人称代名詞から−
    • 第3節 J.F.ラウダー著『日英会話書』語彙集について
    • 第3章第1節 E.M.サトウ著『会話篇』にみられる音節「エ」の表記原理−表記と音韻・音価の関わりをめぐって−
    • 第2節 E.M.サトウの著作にみられる音節「エ」の表記原理の変化−複数の著作からの考察−
    • 第3節 表記と音声の乖離−英学資料の音節「エ」の音価を考える−
    • 第4節 E.M.サトウ著『会話篇』の書誌に関する追考
    • 第5節 ケンブリッジ大学図書館蔵E.M.サトウ自筆資料について−『日本語会話練習帖』と『会話篇』との比較および翻字−
    • 1.本書で論じたこと
    • 2.英学会話書研究の今後