サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

分子性物質の物理 物性物理の新潮流

分子性物質の物理 物性物理の新潮流

  • 鹿野田 一司(編著)/ 宇治 進也(編著)
  • 1.分子性物質とは
    • 1.1 分子の作る結晶
    • 1.2 分子性伝導体の歴史
    • 1.3 分子性物質の構造
    • 1.4 分子性物質の電子
    • 1.5 電子状態の不安定性と多様性
    • 1.6 なぜ分子性物質か?
    • 1.7 本書の概観
  • 2.電子相関と金属−絶縁体転移
    • 2.1 金属状態と絶縁体状態
    • 2.2 強相関電子状態
    • 2.3 電荷秩序絶縁体
    • 2.4 モット絶縁体
  • 3.スピン液体
    • 3.1 スピン系におけるフラストレーションとは
    • 3.2 磁性の基礎理論とスピン液体への興味
    • 3.3 スピン液体的な性質を示す物質
    • 3.4 ダイマーモット型の分子性スピン液体物質
    • 3.5 スピン液体基底状態の実証
    • 3.6 熱力学的な基底状態と励起構造
    • 3.7 磁気的性質
    • 3.8 熱伝導
    • 3.9 誘電率と熱容量・熱膨張率の異常
    • 3.10 スピン液体状態と周辺相の関係
    • 3.11 スピン液体の理論的な興味
    • 3.12 今後の課題と展望
  • 4.磁場誘起超伝導
    • 4.1 有機超伝導体と磁場効果
    • 4.2 ジャッカリーノ−ピーター効果
    • 4.3 λ−(BETS)2FeCl4の結晶構造
    • 4.4 磁場誘起超伝導
    • 4.5 フィッシャー理論による解析
    • 4.6 その他の磁場誘起超伝導
    • 4.7 新奇超伝導:FFLO超伝導
    • 4.8 超伝導秩序変数の空間変化
    • 4.9 磁気トルク
    • 4.10 FFLO状態の磁場方位依存性
  • 5.電界誘起相転移
    • 5.1 フィリング制御型相転移と分子性固体
    • 5.2 フィリング制御とアンダーソン転移
    • 5.3 フィリング制御とモット転移
    • 5.4 有機FET
    • 5.5 分子性導体を用いた有機FET
    • 5.6 有機モットFET
    • 5.7 電界誘起モット転移
    • 5.8 有機モットFETの両極性動作
    • 5.9 フレキシブル・モットFET
    • 5.10 有機超電導FET
    • 5.11 この章のまとめ
  • 6.質量のないディラック電子
    • 6.1 固体中における質量のないディラック電子
    • 6.2 分子性ディラック電子系のバンド構造
    • 6.3 ディラック電子系のハミルトニアン
    • 6.4 ディラック電子のランダウ状態
    • 6.5 ディラック電子系物質の物理現象
    • 6.6 磁場下のディラック電子
    • 6.7 この章のまとめ
  • 7.電子型誘電体
    • 7.1 強誘電体とは
    • 7.2 巨視的強誘電分極の物理的解釈
    • 7.3 イオン強誘電性と電子強誘電性
  • 8.光誘起相転移と超高速光応答
    • 8.1 分子性物質の光誘起相転移
    • 8.2 超高速光誘起相転移の測定法
    • 8.3 光誘起絶縁体−金属転移
    • 8.4 光誘起中性−イオン性転移
    • 8.5 テラヘルツ光による強誘電分極の超高速制御
    • 8.6 この章のまとめ