サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章 遊歴の益
    • 一 遊学
    • 二 藤田東湖の送序
    • 三 真木和泉守の遊学
    • 四 吉田松陰の送序
  • 第一部 他藩士と水戸
  • 第一章 高山彦九郎と水戸
    • 一 高山彦九郎との出会い
    • 二 高山彦九郎と藤田幽谷の出会い
    • 三 高山彦九郎の水戸訪問
    • 四 高山彦九郎の水戸への影響
    • 五 高山彦九郎遺書の伝播
    • 六 史料蒐集の意義
    • 〈参考資料〉
  • 第二章 吉田松陰と水戸
    • はじめに
    • 一 庭訓と『新論』への関心
    • 二 同行の士江【ド】五郎と宮部鼎蔵
    • 三 斎藤弥九郎・新太郎父子と永井政介・芳之助父子
    • 四 水戸訪問
    • 五 吉田松陰と永井政介・芳之助父子
    • 六 水戸での感激
    • 七 影響を与えた著書など
    • 八 会沢正志斎:水戸藩の仏教排斥への疑問
    • 九 師承する所あり
    • 十 吉田松陰と藤田東湖
    • むすびに
    • 〈補足〉『吉田松陰伝』由来記
  • 第三章 越惣太郎と水戸
    • はじめに
    • 一 荒川隆之助翁の建白運動
    • 二 水戸藩士との親交と混迷
    • 三 丙辰丸の盟約
    • 四 筑波勢への加担
    • 五 子息東里
    • むすびに
  • 第四章 小宮山楓軒の陸奥紀行
    • はじめに
    • 一 出立とその行程
    • 二 城下町
    • 三 水戸藩との比較評価
    • 四 寺西重次郎封元
    • むすびに
  • 第二部 水戸藩至難の運命とその超克
  • 第五章 藤田幽谷の人柄
    • 一 藤田幽谷・東湖顕彰碑
    • 二 藤田東湖の誕生(誕生は母梅子宅)
    • 三 幼少のころ
    • 四 青少年のころ
    • 五 孝心豊かなり
    • 六 深い学問、友人小宮山楓軒も感服
    • 七 人の美を成す
    • 八 威・義両公に基づき
    • 九 逸民集抄
    • 十 会沢正志斎の「幽谷藤田先生墓誌銘」
    • 十一 東湖の父幽谷観
  • 第六章 藤田東湖と瓢兮歌
    • はじめに
    • 一 東湖の愛飲模様
    • 二 酒に対す
    • 三 浅利徳操と東湖の禁酒
    • 四 東湖の酒絶賛
    • むすびに
  • 第七章 幕末水戸藩の混迷と領民
    • はじめに
    • 一 井伊直弼と溜間詰大名
    • 二 弘化甲辰の国難
    • 三 安政の大獄
    • 四 桜田門外の変
    • 〈付記〉根本正所蔵の「桜田門外の変図」考
  • 第八章 水戸藩至難の運命「尊王敬幕」「尊王攘夷」
    • 一 尊王
    • 二 攘夷と開国
  • 第九章 水戸藩混迷の超克
    • 一 天狗争乱を超えねば
    • 二 豊田天功・小太郎父子
    • 三 根本正の豊田小太郎先生六十年追悼記念祭
    • 四 根本正、東京へ出立
    • 五 米国への留学とその成果
    • 六 混迷の超克
  • 終章 独立自存
    • 一 橋本景岳の日露同盟論
    • 二 吉田松陰の外交策
    • 三 勝海舟の説
    • 四 独立自存の構想