サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

機器分析(エキスパート応用化学テキストシリーズ)

機器分析 (エキスパート応用化学テキストシリーズ)

  • 大谷 肇(編著)/ 一色 俊之(著)/ 石田 康行(著)/ 北川 慎也(著)/ 加地 範匡(著)/ 馬場 嘉信(著)/ 佐藤 浩昭(著)/ 高田 主岳(著)/ 手嶋 紀雄(著)/ 西本 右子(著)/ 梅村 知也(著)/ 金子 聡(著)/ 伊藤 彰英(著)/ 森田 成昭(著)/ 桝 飛雄真(著)/ 朝倉 克夫(著)/ 保倉 明子(著)/ 江坂 文孝(著)
  • 第1章 機器分析序論
    • 1.1 機器分析とは
    • 1.2 機器分析の特徴
    • 1.3 機器分析の分類
    • 1.4 機器分析の現状と課題
  • 第2章 分光分析の基礎
    • 2.1 光とは
    • 2.2 電磁波とエネルギー
    • 2.3 電磁波と物質の相互作用
    • 2.4 光吸収の強度
  • 第3章 吸光光度法と蛍光光度法
    • 3.1 紫外・可視領域の光の吸収と電子遷移
    • 3.2 エネルギー準位と電子遷移
    • 3.3 分光光度計の装置構成
    • 3.4 分光光度計の測定法
    • 3.5 紫外・可視吸光光度法による定量分析
    • 3.6 励起スペクトルと蛍光スペクトル
    • 3.7 蛍光強度
    • 3.8 蛍光光度計の装置構成
    • 3.9 蛍光光度法による定量分析
  • 第4章 原子吸光分析
    • 4.1 原子吸光分析の特徴
    • 4.2 装置構成と原理
    • 4.3 光源部
    • 4.4 原子化部
    • 4.5 分光部
    • 4.6 測光部
    • 4.7 干渉現象
    • 4.8 測定例
  • 第5章 プラズマ発光分析とプラズマ質量分析
    • 5.1 ICP(誘導結合プラズマ)とは
    • 5.2 ICP発光分析法
    • 5.3 ICP質量分析法
  • 第6章 赤外分光分析とラマン分光分析
    • 6.1 波数とは
    • 6.2 分子スペクトル
    • 6.3 赤外分光分析
    • 6.4 赤外分光による定量分析
    • 6.5 さまざまな試料の赤外分光分析
    • 6.6 ラマン分光分析
    • 6.7 赤外スペクトルとラマンスペクトルの解釈
  • 第7章 核磁気共鳴分析
    • 7.1 原理
    • 7.2 装置構成と測定
    • 7.3 NMRスペクトル
    • 7.4 二次元NMR
    • 7.5 固体NMR
  • 第8章 X線分析
    • 8.1 X線と物質の相互作用
    • 8.2 粉末X線回折法
    • 8.3 蛍光X線分析法
  • 第9章 表面分析
    • 9.1 表面分析の特徴
    • 9.2 二次イオン質量分析
    • 9.3 X線光電子分光
    • 9.4 電子プローブマイクロアナリシス
    • 9.5 オージェ電子分光
  • 第10章 顕微鏡観察
    • 10.1 電子顕微鏡の分類
    • 10.2 電子線と物質の相互作用
    • 10.3 透過型電子顕微鏡
    • 10.4 走査型電子顕微鏡
    • 10.5 走査型プローブ顕微鏡
  • 第11章 クロマトグラフィーの基礎
    • 11.1 クロマトグラフィーの原理と分類
    • 11.2 分配クロマトグラフィーにおける分離の原理
    • 11.3 理論段数・理論段高さ
    • 11.4 van Deemter式
    • 11.5 分離度
  • 第12章 ガスクロマトグラフィー
    • 12.1 ガスクロマトグラフィーの特徴
    • 12.2 ガスクロマトグラフィーの装置構成
    • 12.3 ガスクロマトグラフィーの操作
  • 第13章 液体クロマトグラフィー
    • 13.1 液体クロマトグラフィーの分類
    • 13.2 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の分離モード
    • 13.3 HPLCの装置構成
    • 13.4 測定例
  • 第14章 キャピラリー電気泳動分析
    • 14.1 キャピラリー電気泳動の装置構成と特徴
    • 14.2 電気泳動速度・電気泳動移動度
    • 14.3 電気浸透流
    • 14.4 CEの測定装置と基本的操作
    • 14.5 CEで用いられる分離モード
  • 第15章 マイクロチップによる化学・生化学分析
    • 15.1 微小空間における流体挙動
    • 15.2 微小空間を利用する分析法
  • 第16章 有機質量分析
    • 16.1 装置構成
    • 16.2 イオン化
    • 16.3 質量分析部
    • 16.4 検出器
    • 16.5 クロマトグラフィーとの結合
  • 第17章 電気分析化学
    • 17.1 電極とは
    • 17.2 電流を流さない測定法
    • 17.3 電流を流す測定法
  • 第18章 フローインジェクション分析
    • 18.1 バッチ式マニュアル分析法から流れ分析法へ
    • 18.2 FIAの装置構成
    • 18.3 FIAの原理
    • 18.4 FIAの特長
    • 18.5 FIAによる水質分析
    • 18.6 SIAの装置構成と原理
  • 第19章 熱分析
    • 19.1 熱分析手法の分類
    • 19.2 示差熱分析(DTA)・示差走査熱量測定(DSC)
    • 19.3 熱重量測定(TG)
    • 19.4 熱機械分析(TMA)