サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 「危機的状況」にあるソーシャルワーク
    • 第1節 今,「価値」と「原理」を論究する必要性
    • 第2節 操作上の概念定義
  • 第1章 従来のソーシャルワーク論における「原理」と「価値」の論理の限界
    • 第1節 ソーシャルワークにおける自己決定についての議論
    • 第2節 「自己決定の根拠」についての議論
    • 第3節 自己決定のアポリアを超えて
  • 第2章 ソーシャルワークの新しい「価値の在処」についての論究
    • 第1節 「関係性」への関心
    • 第2節 「共同性の価値」について
  • 第3章 「実践の科学化」に向けて
    • 第1節 質的研究への関心
    • 第2節 研究アプローチの選択
    • 第3節 データの収集と分析の方法
    • 第4節 調査設計
  • 第4章 葛藤する実践の「語り」を読み解く
    • 第1節 「支援の前提条件」
    • 第2節 「支援の方向性の模索」
    • 第3節 「『関係性の構築』に向けたソーシャルワーカーの視点」
  • 第5章 ソーシャルワークの新しい「原理」と「価値」論の展開
    • 第1節 岡村理論に見る「主体性」論
    • 第2節 岡村理論のアポリアとソーシャルワークの課題
  • 第6章 「価値の実践」としてのソーシャルワーク論の再構築
    • 第1節 大阪府社会福祉協議会「社会貢献事業(生活困窮者レスキュー事業)」
    • 第2節 中津市社会福祉協議会「過疎地域における地域づくりプロジェクト」事業
    • 第3節 「実践の科学化」が帰結するソーシャルワークの実践と理論の関係
  • 終章 「実践」が「理論」に問うもの
    • 第1節 本書において明らかにし得たこと
    • 第2節 今後の課題