サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

家庭科教育

家庭科教育 (教科教育学シリーズ)

  • 大竹 美登利(編著)/ 橋本 美保(監修)/ 田中 智志(監修)
  • 序章 家庭科教育への誘い
    • 第1節 家庭科の歴史と教科の特徴
    • 第2節 家庭科で学ぶ「生活の営み」とは何か
    • 第3節 他教科との比較を通した家庭科学習の特徴
  • 第1部 授業のシナリオを描く
  • 第1章 授業を観察し、授業の流れを確認しよう
    • 第1節 授業を観察して、プロトコル(テープ起こし)を作成しよう
    • 第2節 授業のシナリオの前後の流れ(単元)を確認しよう
  • 第2章 指導案を書いてみよう
    • 第1節 指導案を立てる
    • 第2節 授業の流れをつくる
    • 第3節 授業のめあてを明確にする
  • 第3章 年間授業計画をつくってみよう
    • 第1節 学習指導要領と年間指導計画
    • 第2節 学びの内容と系統と順序
  • 第2部 教材をつくる
  • 第4章 わかりやすく伝える教材づくり
    • 第1節 「モノ」に関わる学びをわかりやすくする教材
    • 第2節 「ヒト」や「コト」に関する学びをわかりやすくする教材
  • 第5章 教材の違いで学びが違うことを体験してみよう
    • 第1節 教材の力を活かす
    • 第2節 指導方法による学びの違い
    • 第3節 著者・製作者の考えによる内容の違いと学び
  • 第6章 科学的視点を育む実験教材を考える
    • 第1節 科学的視点はなぜ必要なのか?
    • 第2節 科学的視点を取り入れた教材づくりを考える
    • 第3節 科学的視点(根拠)を取り入れた教材例
    • 第4節 “つかえる教材”を増やす・つくる
  • 第3部 学びあいを保証する授業づくり
  • 第7章 多様な価値観をぶつけ合う参加型の授業をどうつくるか
    • 第1節 なぜ多様な価値観をぶつけ合う必要があるのか
    • 第2節 多様な価値観を学ぶ方法
  • 第8章 複数の領域をつなげた授業展開
    • 第1節 領域と学習課題
    • 第2節 領域をつなぐカリキュラムデザイン
    • 第3節 幸福に生きる知恵を育む授業
  • 第9章 交流を通して視点を広げる授業づくり
    • 第1節 交流の意義
    • 第2節 交流を通した授業
    • 第3節 他分野とのリンク
  • 第4部 子どもたちの実態を踏まえた授業づくり
  • 第10章 ユニバーサルデザインの授業づくり
    • 第1節 授業のユニバーサルデザイン
    • 第2節 家庭科の授業づくり
    • 第3節 通常学級におけるユニバーサルデザイン
  • 第11章 貧困を乗り越える授業づくり
    • 第1節 今、なぜ貧困が問題なのか
    • 第2節 貧困問題を捉える視点
    • 第3節 貧困を乗り越える授業づくり
  • 第5部 学習を評価する
  • 第12章 学習を評価し、子どもや家庭に伝える
    • 第1節 児童・生徒による評価
    • 第2節 教師による評価
    • 第3節 評価記録をつける(評価の実際)
    • 第4節 子どもや家庭に伝える
  • 第13章 評価を授業改善に結びつける
    • 第1節 さまざまな評価
    • 第2節 評価は授業づくりである
    • 第3節 評価は子どもを励ます
    • 第4節 自己評価の意味
  • 終章 世界の中の日本の家庭科
    • 第1節 各国で相違する国家基準の教育課程
    • 第2節 世界の家庭科の教育課程
    • 第3節 日韓の家庭科教育の類似性と相違

教科別学習指導 ランキング

教科別学習指導のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む