サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章
  • Ⅰ 日仏修好の黎明とフランスにおける日本詩歌の翻訳−美術のジャポニスムを通過して
  • 第一章 外国の魂に忍びこむこと−レオン・ド・ロニーと日本の詩歌紹介・翻訳
    • 1 ロニー『詩歌撰葉』Anthologie japonaise(一八七一年)
    • 2 ロニーとフランスにおける日本語教育
    • 3 ロニー以降の一九世紀後半西欧における日本の詩歌紹介
  • 第二章 短歌の試作−ジュディット・ゴーチエ『蜻蛉集』
    • 1 詩画集『蜻蛉集』Poèmes de la libellule(一八八五年)の誕生
    • 2 蜻蛉と梅と和歌のアントロジー
  • 第三章 日本美術受容のなかの日本詩歌
    • 1 エルネスト・シェノー「日本の芸術」L’Art japonais(一八六八年)
    • 2 フィリップ・ビュルティ「ジャポニスムⅠ」Japonisme Ⅰ
    • 3 異国趣味とゴンクール兄弟
  • 結び
  • Ⅱ アジアへの覚醒−ポール=ルイ・クーシューの日本
  • 第四章 俳句と日本文化翻訳の先駆者−ポール=ルイ・クーシュー
    • 1 クーシューの俳句観
    • 2 ポール=ルイ・クーシュー
    • 3 クーシューの人間精神探究
    • 4 日本の詩的伝統と子規の俳句革新運動
  • 第五章 新詩「ハイカイ」の創始
    • 1 模倣の詩
    • 2 ハイカイと日本の詩的伝統
  • 結び
  • Ⅲ 新しい詩と詩歌の変容−第一次世界大戦とフランス・ハイカイ
  • 第六章 サンボリスムの危機−フェルナン・グレッグと『レ・レットル』誌
    • 1 『レ・レットル』Les Lettres誌(nos.3−7,一九〇六年、no.20,一九〇七年)とクーシューの日本文化論
    • 2 グレッグと日本の詩
  • 第七章 塹壕一瞬の「生」と絶え間なく続く命の讃歌−ジュリアン・ヴォカンス
    • 1 リヨンのエスプリ
    • 2 三行詩との葛藤
  • 第八章 戦禍の街ランス一九二〇年代と新しい感性−ルネ・モーブラン
    • 1 『ル・パンプル(葡萄の枝)』Le Pampre誌の誕生とランス
    • 2 実験詩グループ「ル・グラン・ジュウ」の胎動とハイカイ
  • 第九章 『リテラチュール』誌からシュルレアリスム−ポール・エリュアールと「ここで生きるために」
    • 1 エリュアールの登場
    • 2 ジャック・リヴィエールとNRF誌「ハイカイ」詩集
    • 3 ハイカイ詩篇「ここで生きるために」とシュルレアリスム
  • 第十章 日本の詩歌と日仏の文化交流−松尾邦之助、キク・ヤマタ、堀口大學、高浜虚子
    • 1 松尾邦之助と日本文化の仏文翻訳紹介
    • 2 キク・ヤマタ『日本の詩人たちの声』、堀口大學『短歌』ほか
    • 3 フランス・ハイカイと『明星』、『ホトトギス』、虚子
  • 終章
    • 1 フランスにおける詩概念の変革と日本の詩歌
    • 2 フランス自由詩の諸相と俳句
  • 結び