サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

  • はじめに
  • 序章 なぜ受験英語を学ぶのか−日本人と英語の関係
    • 日本における英会話ブーム/一度も使うことのない実用英語/日本人にとっての英語は「芸道」/近代化と英語化/英語を使わない近代化を果たした日本/大学入試に必ず英語が出る理由/studentの仕事/大学受験で求められるもの/大学入試に必要な英語/大学入試の主役はあくまでリーディング/知的イノベーションは母語によってしか担われない
  • 第1章 いかに読解力を高めるか−受験英語は「リーディング」に集約される
    • ディベートはアメリカ人の日常会話/「森のロジック」と「木のロジック」/ロジックの英語と腹芸の日本語/「森のロジック」=「三角ロジック」/「クレームになるもの」あと3つ/物語文に見られる三角ロジック/「データ」=「レトリック」/ワラントの重要性/大学入試に速読は要らない
  • 第2章 いかに文法力を高めるか−英文法とは「ロジック」の道具である
    • 英文法と語法の関係/「木のロジック」=「読解英文法」/5文型がすべての基礎/「5文型」=「動詞の5つの型」/第3文型が英語の命/品詞がわからなければ瀕死/英文のマトリョーシカ構造/従属節をつくるもの1・従属接続詞/従属節をつくるもの2・関係詞/従属節をつくるもの3・疑問詞/最後に、練習問題を1つ/「句」をつくるのは「準動詞」/準動詞は「SV崩し」の道具/不定詞はオールマイティー/動名詞は名詞節崩しのピンチヒッター/分詞は副詞節崩しのピンチヒッター/「比較構文」も複文/as節・than節のない比較構文/noとnotの「機能」/英文法は「意味」より「型」/英文和訳に「意訳」は要らない/「学者」としての翻訳/「意訳」は採点できない
  • 第3章 いかに語彙力を高めるか−受動的語彙と能動的語彙
    • アメリカ人と日本人の平均語彙数/英米人と日本人の最大語彙数/受動的語彙と能動的語彙/内容語と機能語/「1語1義」でよい/語根学習は入試が終わってからでよい/未知の単語の推測は「同形反復・反転反復」から/入試頻出テーマ:ポストコロニアル
  • 第4章 いかに作文力を高めるか−一文構成と論理構成
    • 英作文は英借文ではない/小学生に説明するように書く/複文は使わない/論理指標に気をつける/冠詞を迷ったときの裏ワザ/自由英作文のポイント1・演繹型で書く/自由英作文のポイント2・議論の内容が採点されることはない/要約英作文の考え方
  • 第5章 いかにリスニング力を高めるか−「聞き流していたら突然わかるようになった」のウソ
    • リスニングとヒアリングは違う/発音よりもリズム/リズムの実験2つ/失敗2つ/音読のすすめ
  • 終章 新たな和魂洋才に向けて−大学入学後への橋渡し
    • スピーキングは大学に入ってから/アメリカ人のように聞こえたい日本人/英語の限界/武道≠martial arts/和魂洋才ふたたび
  • ◎さらに学習を進めるために