サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

林政学講義

林政学講義

  • 永田 信(著)
  • 第1講 世界の森林の現状
    • 1−1 だれが森林資源を把握しているか
    • 1−2 なぜ近年になって森林の調査が行われたか
    • 1−3 森林の定義
    • 1−4 気候帯と森林との関係はどうなっているか
    • 1−5 更新の仕方からみた森林の種類
    • 1−6 森林の多いところはどこか
  • 第2講 熱帯林減少のメカニズム
    • 2−1 FRA2010にみる世界の森林面積
    • 2−2 世界の森林面積はどう変化しているか
    • 2−3 1人あたりの森林面積の年平均変化はどのくらいか
    • 2−4 U字型仮説と森林減少のメカニズム
  • 第3講 日本の森林所有の形成
    • 3−1 森林の所有
    • 3−2 地租改正
    • 3−3 山林原野の官民有区分
    • 3−4 台帳面積と実測面積の乖離
    • 3−5 国有林,民有林,公有林
  • 第4講 明治以降の経済と森林
    • 4−1 経済発展による時期区分−第二次世界大戦以前
    • 4−2 経済発展による時期区分−第二次世界大戦以降
    • 4−3 経済発展による時期区分−「失われた20年」
    • 4−4 人口成長による時期区分
    • 4−5 時期区分からみる森林政策−第二次世界大戦以前
    • 4−6 時期区分からみる森林政策−第二次世界大戦以降
  • 第5講 日本の木材需要
    • 5−1 2通りの木材需要−丸太換算,用途別需要
    • 5−2 戦後の推移
    • 5−3 所得との関係−普通財,必需財,劣等財,奢侈財
    • 5−4 パルプと薪炭材
    • 5−5 製材品と合板
    • 5−6 低成長期における構造変化
  • 第6講 日本の木材供給
    • 6−1 戦後の推移−外材による需要吸収
    • 6−2 国産材と外材の供給曲線
    • 6−3 小国の仮定−ブランドン説
    • 6−4 国産材供給の非弾力性−行武説
    • 6−5 長期変化に対する理解
  • 第7講 市場経済システムと効率性
    • 7−1 生産者と消費者からなる経済システム
    • 7−2 封建的な経済システムにおける取引
    • 7−3 良心的な独裁者が決めるシステムにおける取引
    • 7−4 市場経済メカニズム(完全競争市場)における取引
    • 7−5 異なる経済システムで得られた結果をどう評価するか
    • 7−6 パレート改善・パレート効率性
  • 第8講 市場と社会厚生
    • 8−1 パレート最適
    • 8−2 生産,費用,供給
    • 8−3 消費,効用,需要
    • 8−4 生産者余剰と消費者余剰
  • 第9講 森林の多面的機能と経済評価
    • 9−1 森林の多面的な機能
    • 9−2 森林の機能を経済的に評価する−考え方の根幹
    • 9−3 旅行費用法
    • 9−4 ヘドニック価格法
    • 9−5 仮想評価法
    • 9−6 代替法
    • 9−7 貨幣的に評価することの意味
  • 第10講 公共財供給の最適条件
    • 10−1 市場の失敗と公共財
    • 10−2 公共財以外の市場の失敗
    • 10−3 異時点における評価
    • 10−4 費用・便益分析
    • 10−5 公共財の社会的最適供給量
  • 第11講 コースの定理と森林法制
    • 11−1 コースの定理−煙害をめぐる工場と住民の例
    • 11−2 市場の失敗,コースの定理,法の役割
    • 11−3 林政にかかわる近代法制度の変遷
    • 11−4 法律の段階構造と保安林制度