サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 谷崎文学をディスクールとして読むために
    • 1 ディスクールと読者
    • 2 消費される文学、あるいは“文学の危機”
    • 3 “歓楽”としての読むこと
    • 4 本書の構成と内容
  • 第Ⅰ部 メディアを横断するエクリチュール
  • 第1章 通俗からの回路
    • 1 表象のコラボレーション
    • 2 テクストの様式化と逸脱化
    • 3 もうひとつの物語世界
    • 4 千章館から新潮社へ
  • 第2章 メディア戦略とその不可能性
    • 1 『新青年』というメディア
    • 2 内包された〈秘密〉
    • 3 歴史への意識
  • 第3章 テクストの臨界
    • 1 身体の非在
    • 2 〈母〉としての表象
    • 3 発禁のテクスト
    • 4 有閑マダムの戦中と戦後
  • 第Ⅱ部 コンテクストとしての消費文化
  • 第4章 資本と帝国
    • 1 小学校教師の大正期
    • 2 職業と階級
    • 3 王国と革命
    • 4 資本の制覇
  • 第5章 サラリーマンと女学生
    • 1 学歴と社会資本
    • 2 結婚とハビトゥス
    • 3 〈学校〉の内と外
    • 4 女子教育と音楽
    • 5 譲治の〈教育〉認識
    • 6 歌声の近代
  • 第Ⅲ部 歴史へのパースペクティブ
  • 第6章 大衆としての読者
    • 1 大衆読者の発見
    • 2 伝説を語る者たち
    • 3 群集としての大衆
  • 第7章 メタヒストリーとしての小説
    • 1 アイロニーとしての〈小説〉
    • 2 年代記という仕掛け
    • 3 コンテクストとしての〈歴史〉
    • 4 大衆小説と歴史小説
    • 5 「盲目物語」のナラトロジー
    • 6 傍系挿話の機能
    • 7 〈翻訳〉としての物語
  • 第8章 歴史叙述のストラテジー
    • 1 材料としての〈歴史〉
    • 2 新聞連載から単行本へ
    • 3 削除された冒頭部
    • 4 単行本テクストにおける〈歴史〉
    • 5 〈歴史小説〉を生成すること
    • 6 複数の声をめぐる物語
  • 第Ⅳ部 翻訳行為としての読むこと
  • 第9章 古典と記憶
    • 1 読まれる〈風景〉のリアリズム
    • 2 淀の中洲、幻想の舟行
    • 3 お遊表象のゆくえ
    • 4 劇化する主体
    • 5 記憶の中の「遊」女
    • 6 物語の他者
  • 第10章 文体と古典
    • 1 源氏への「にくまれ口」
    • 2 構造的美観と『源氏物語』
    • 3 「谷崎源氏」への過程