サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

目次

刑事訴訟法

刑事訴訟法

  • 酒巻 匡(著)
  • 序 刑事手続の目的と基本設計図
    • Ⅰ 刑事手続の目的
    • Ⅱ 刑事手続の基本設計図
  • 第1編 捜査手続
  • 第1章 総説
    • Ⅰ 捜査の意義と捜査に対する法的規律の趣旨・目的
    • Ⅱ 任意捜査と強制捜査
  • 第2章 捜査の端緒
    • Ⅰ 意義と種類
    • Ⅱ 職務質問と所持品検査
    • Ⅲ 検問
    • Ⅳ 告訴・告発・請求・自首
    • Ⅴ 現行犯人の発見
    • Ⅵ 検視
  • 第3章 被疑者の身体拘束
    • Ⅰ 身体拘束処分に対する法的規律の趣旨・目的
    • Ⅱ 逮捕
    • Ⅲ 勾留
    • Ⅳ 身体拘束処分に関する諸問題
  • 第4章 供述証拠の収集・保全
    • Ⅰ 供述証拠の収集・保全に関する法的規律の趣旨・目的と課題
    • Ⅱ 取調べの手続
    • Ⅲ 任意出頭・任意同行と取調べの適否
    • Ⅳ 身体拘束処分を受けている被疑者の取調べ
  • 第5章 捜索・押収
    • Ⅰ 捜索・押収の意義と対象
    • Ⅱ 捜索・差押えと令状主義
    • Ⅲ 令状による捜索・差押え
    • Ⅳ 令状によらない捜索・差押え
    • Ⅴ 電磁的記録の取得・保全
  • 第6章 検証・鑑定
    • Ⅰ 検証
    • Ⅱ 鑑定
  • 第7章 その他の捜査手段
    • Ⅰ 体液の採取
    • Ⅱ 写真撮影・ビデオ撮影
    • Ⅲ 通信・会話の傍受
    • Ⅳ おとり捜査
    • Ⅴ 証拠収集等への協力及び訴追に関する合意
  • 第8章 捜査の終結
    • Ⅰ 警察における捜査の終結
    • Ⅱ 公訴提起後における捜査
  • 第9章 被疑者の権利
    • Ⅰ 総説
    • Ⅱ 黙秘権(自己負罪拒否特権)
    • Ⅲ 弁護人の援助を受ける権利
    • Ⅳ 証拠保全
    • Ⅴ 違法捜査に対する措置
  • 第2編 公訴
  • 第1章 公訴権の運用とその規制
    • Ⅰ 検察官の事件処理
    • Ⅱ 公訴提起に関する基本原則
    • Ⅲ 公訴権の運用とその規制
  • 第2章 公訴提起の要件と手続
    • Ⅰ 公訴提起の要件
    • Ⅱ 公訴提起の手続
  • 第3章 審理・判決の対象
    • Ⅰ 総説
    • Ⅱ 検察官の訴因設定権限と裁判所の審判の範囲
    • Ⅲ 訴因の明示
    • Ⅳ 訴因の変更
    • Ⅴ 罰条の変更
    • Ⅵ 罪数判断の変化と訴因
    • Ⅶ 公訴提起の要件と訴因
  • 第3編 公判手続
  • 第1章 総説
    • Ⅰ 公判手続の意義
    • Ⅱ 公判手続の諸原則
  • 第2章 公判手続の関与者
    • Ⅰ 裁判所
    • Ⅱ 検察官
    • Ⅲ 被告人
    • Ⅳ 弁護人
    • Ⅴ 犯罪の被害者
  • 第3章 公判の準備
    • Ⅰ 第1回公判期日前の公判準備
    • Ⅱ 公判前整理手続
    • Ⅲ 第1回公判期日後の公判準備
  • 第4章 公判期日の手続
    • Ⅰ 冒頭手続
    • Ⅱ 公判期日における証拠調べ
    • Ⅲ 証拠調べの実施(その1)
    • Ⅳ 証拠調べの実施(その2)
    • Ⅴ 証拠調べの実施(その3)
    • Ⅵ 証拠調べの実施(その4)
    • Ⅶ 被害者等による意見陳述及び被害者参加等
    • Ⅷ 公判期日外の証拠調べ
    • Ⅸ 論告・弁論・結審・判決の宣告
  • 第5章 特別の手続
    • Ⅰ 簡易公判手続
    • Ⅱ 即決裁判手続
    • Ⅲ 弁論の分離・併合・再開
    • Ⅳ 公判手続の停止
    • Ⅴ 公判手続の更新
  • 第6章 裁判員の参加する公判手続
  • 第4編 証拠法
  • 第1章 証拠法・総説
    • Ⅰ 証拠法の意義と基本原則
    • Ⅱ 証拠の意義と分類
    • Ⅲ 証明の対象と方法
    • Ⅳ 証明の水準及び挙証責任
  • 第2章 証拠能力・総説
    • Ⅰ 証拠能力の意義と趣旨
    • Ⅱ 証拠の関連性
  • 第3章 違法収集証拠排除法則
    • Ⅰ 意義と趣旨
    • Ⅱ 証拠排除の基準
  • 第4章 被告人の供述
    • Ⅰ 被告人の供述に関する法規定と自白の意義
    • Ⅱ 自白の証拠能力
    • Ⅲ 自白の証明力
    • Ⅳ 公判期日における被告人の供述
    • Ⅴ 公判期日外における被告人の供述
  • 第5章 被告人以外の者の供述
    • Ⅰ 被告人以外の者の供述に関する法規定と証拠能力
    • Ⅱ 証人及び証人となり得る者の供述(その1)
    • Ⅲ 証人及び証人となり得る者の供述(その2)
    • Ⅳ 証人及び証人となり得る者の供述(その3)
    • Ⅴ 共同被告人及び共犯者の供述
    • Ⅵ 検証した裁判官等
    • Ⅶ 鑑定人
  • 第5編 裁判
  • 第1章 裁判の意義と種類
    • Ⅰ 裁判の意義
    • Ⅱ 裁判の形式・種類及び裁判の理由
    • Ⅲ 裁判の成立
  • 第2章 実体裁判
    • Ⅰ 有罪判決
    • Ⅱ 無罪判決
  • 第3章 形式裁判
    • Ⅰ 管轄違い
    • Ⅱ 公訴棄却(その1)
    • Ⅲ 公訴棄却(その2)
    • Ⅳ 免訴
  • 第4章 裁判の確定とその効力
    • Ⅰ 裁判の確定に伴う効果(その1)
    • Ⅱ 裁判の確定に伴う効果(その2)
  • 第6編 上訴
    • 上訴の意義
    • Ⅰ 控訴
    • Ⅱ 上告
    • Ⅲ 抗告
    • Ⅳ 高等裁判所のした決定に対する異議申立て
    • Ⅴ 準抗告
  • 第7編 非常救済手続
    • 非常救済手続の意義
    • Ⅰ 再審
    • Ⅱ 非常上告