サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

実感する化学 改訂 上巻 地球感動編

実感する化学 改訂 上巻 地球感動編

  • A Project of the American Chemical Society(原著)/ 廣瀬 千秋(訳)
  • 第0章 持続可能な未来のための化学
    • 0.1 現時点での選択
    • 0.2 持続可能なやりかた:明日のために必要なこと
    • 0.3 トリプルボトムライン:3種類の収支
    • 0.4 揺りかごからどこへ?:リサイクルの道を拓こう
    • 0.5 エコロジカル・フットプリント:あなたが使っている面積
    • 0.6 市民としておよび化学者としての責務:地球の未来
    • 0.7 我ら共有の未来:地球という青いビー玉を守ろう
    • 章末問題
  • 第1章 空気
    • 1.1 何を吸い込んだと思う?:空気の組成
    • 1.2 他には何を吸い込むか?:微量成分
    • 1.3 空気汚染物質とリスク評価
    • 1.4 空気の品質とあなたの健康
    • 1.5 私たちが住んでいるところ:対流圏
    • 1.6 物質の分類:純物質・元素・化合物
    • 1.7 原子と分子
    • 1.8 分子式と分子名:化学の単語集
    • 1.9 化学変化:ものが燃えるときの酸素の働き
    • 1.10 火と燃料:空気の品質と炭化水素の燃焼
    • 1.11 大気汚染物質:直接的な発生源
    • 1.12 オゾン:二次汚染物質
    • 1.13 建物の中の空気の品質
    • 1.14 呼吸をもう一度考える−分子レベルで見た空気
    • 結び
    • 章のまとめ
    • 章末問題
  • 第2章 オゾン層の保護
    • 2.1 オゾンの正体と存在場所
    • 2.2 原子の構造と周期性
    • 2.3 分子とそのモデル
    • 2.4 光という波動
    • 2.5 放射と物質
    • 2.6 酸素/オゾンによる紫外線の遮蔽
    • 2.7 紫外線が生物に与える影響
    • 2.8 成層圏オゾンの破壊:全地球的な現象の原因
    • 2.9 クロロフルオロカーボン類:性質と用途、オゾンとの相互作用
    • 2.10 南極のオゾンホール:詳しく見ると
    • 2.11 世界的懸念事項への対処
    • 2.12 CFC類およびハロン類の代替品
    • 2.13 代替品の代替品
    • 結び
    • 章のまとめ
    • 章末問題
  • 第3章 全地球的気候変動に関わる化学
    • 3.1 温室の中で:地球のエネルギー収支
    • 3.2 証拠集め:時間からの証言
    • 3.3 分子の形はどのように決まるか
    • 3.4 分子の振動と温室効果
    • 3.5 炭素の循環
    • 3.6 定量的な概念:質量
    • 3.7 定量的な概念:分子とモル
    • 3.8 メタンおよびその他の温室効果ガス
    • 3.9 地球の温暖化はどこまで進む?
    • 3.10 気候変動から生じるさまざまな変化
    • 3.11 気候変動に対して私たちができること、しなければならないことは?
    • 結び
    • 章のまとめ
    • 章末問題
  • 第4章 燃焼から手に入れるエネルギー
    • 4.1 化石燃料と電力
    • 4.2 エネルギー変換の効率
    • 4.3 石炭の化学
    • 4.4 石油と天然ガス
    • 4.5 エネルギー変化の測定
    • 4.6 分子レベルで見たエネルギー変化
    • 4.7 ガソリンの化学
    • 4.8 使用済み燃料をもう一度利用する
    • 4.9 バイオ燃料Ⅰ.エタノール
    • 4.10 バイオ燃料Ⅱ.バイオディーゼル
    • 4.11 未来に向けて
    • 結び
    • 章のまとめ
    • 章末問題
  • 第5章 水の化学・水の働き
    • 5.1 水には特別な性質がある
    • 5.2 水素結合の役割
    • 5.3 水の用途
    • 5.4 水に関わる諸問題
    • 5.5 水溶液
    • 5.6 水溶液を詳しく見ると
    • 5.7 イオン化合物の名前と化学式
    • 5.8 海水:多種類のイオンが含まれている水溶液
    • 5.9 共有結合化合物とその溶液
    • 5.10 飲料水の安全確保:法律による規制
    • 5.11 水処理
    • 5.12 水問題:全地球的なチャレンジ
    • 結び
    • 章のまとめ
    • 章末問題
  • 第6章 酸性雨の脅威と海水の酸性化
    • 6.1 酸とは何か
    • 6.2 塩基とは何か
    • 6.3 中和:塩基は制酸剤である
    • 6.4 pHとは何か
    • 6.5 海水の酸性化
    • 6.6 雨水のpH測定
    • 6.7 石炭の燃焼と二酸化硫黄生成
    • 6.8 ガソリンの燃焼と窒素酸化物生成
    • 6.9 窒素の循環
    • 6.10 SO2とNOx:どのように蓄積するのか
    • 6.11 酸性沈着物が材料に及ぼす影響
    • 6.12 酸性沈着物:モヤ(煙霧)の発生および人間の健康への影響
    • 6.13 湖沼や河川が受けるダメージ
    • 結び
    • 章のまとめ
    • 章末問題