サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

有機化学

有機化学 (化学はじめの一歩シリーズ)

  • 工藤 一秋(著)/ 渡辺 正(著)
  • 序章 有機化学の世界
    • 第1話 有機化学の歩み
    • 第2話 炭素の循環
    • 第3話 有機化合物の分析
  • 1章 構造式と分子モデル−有機化学のコトバ
    • 1.1 特異な元素
    • 1.2 有機化合物の構造式
    • 1.3 分子の立体構造
    • 1.4 分子の動き
    • 1.5 分子の形をつかむ道
    • 1.6 構造異性体
    • 1.7 有機化合物の分類
    • 1.8 有機化学反応
    • 1.9 主役は電子
    • 章末問題
  • 2章 共有結合の形成
    • 2.1 原子の成り立ち
    • 2.2 原子内で電子がもつエネルギー
    • 2.3 原子どうしはなぜつながる?
    • 2.4 イオン結合
    • 2.5 水素分子の共有結合
    • 2.6 塩素分子の共有結合
    • 2.7 異核二原子分子の共有結合
    • 2.8 sp3混成軌道
    • 2.9 配位結合
    • 章末問題
  • 3章 脂肪族飽和炭化水素−アルカンとシクロアルカン
    • 3.1 アルカンの名称
    • 3.2 直鎖アルカン分子の構造
    • 3.3 鎖状アルカンの構造異性体
    • 3.4 アルカンの性質と分子間力
    • 3.5 分岐アルカンの性質
    • 3.6 シクロアルカン
    • 3.7 シクロヘキサンの構造
    • 3.8 シクロアルカンの性質
    • 3.9 暮らしとアルカン
    • 章末問題
  • 4章 脂肪族不飽和炭化水素−アルケンとアルキン,π共役系
    • 4.1 エチレンにみるC=C二重結合の性格
    • 4.2 π軌道とπ電子
    • 4.3 アルケン
    • 4.4 シス−トランス異性体
    • 4.5 アセチレン
    • 4.6 アルキン
    • 4.7 アルカンおよびアルケン,アルキンの比較
    • 4.8 炭素−炭素多重結合を複数もつ化合物
    • 4.9 π共役系をもつ化合物の分子軌道
    • 4.10 π共役系と光吸収の波長
    • 4.11 暮らしと不飽和炭化水素
    • 章末問題
  • 5章 有機化学と官能基
    • 5.1 おもな官能基と関連化合物
    • 5.2 電気陰性度と結合の極牲
    • 5.3 極性をもつ結合の強さ
    • 5.4 結合の極性と分子の極性
    • 5.5 カルボニル基
    • 5.6 カルボン酸の解離
    • 5.7 アミンのプロトン化
    • 5.8 ブレンステッドの酸・塩基
    • 5.9 置換基(官能基)と酸性・塩基性
    • 5.10 アミンの塩基性と置換基
    • 章末問題
  • 6章 芳香族化合物
    • 6.1 ベンゼン
    • 6.2 芳香族性
    • 6.3 芳香族化合物
    • 6.4 芳香族化合物の命名
    • 6.5 フェノールの酸性
    • 6.6 アニリンの塩基性
    • 6.7 共鳴安定化の度合いと酸塩基の強さ
    • 6.8 ベンゼン誘導体の極性
    • 6.9 ベンゼン誘導体以外の芳香族化合物
    • 章末問題
  • 7章 官能基の効果−分子間力
    • 7.1 ファンデルワールス力
    • 7.2 水素結合
    • 7.3 水への溶解度
    • 7.4 溶媒の極性
    • 7.5 両親媒性分子
    • 7.6 芳香族化合物の性質
    • 7.7 芳香族化合物の酸性・塩基性
    • 7.8 芳香族化合物のイオン化エネルギーと吸収波長
    • 章末問題
  • 8章 有機化学反応−電子が主役
    • 8.1 有機反応の姿
    • 8.2 反応の向き
    • 8.3 分子の目で見た置換反応
    • 8.4 反応を左右する別の要因
    • 8.5 脱離反応と置換反応
    • 8.6 カルボニル化合物への付加
    • 8.7 C=O結合への求核攻撃
    • 8.8 カルボニル化合物の2段階反応
    • 8.9 酸が進める反応
    • 8.10 エステル化反応
    • 8.11 不安定なX−C−OH
    • 8.12 有機反応と酸および塩基
    • 章末問題
  • 9章 脂肪族化合物の反応
    • 9.1 カルボニル化合物を求電子剤とするC−C結合生成
    • 9.2 カルボニル化合物を求核剤とする反応
    • 9.3 カルボニル化合物どうしの反応
    • 9.4 α,β−不飽和カルボニル化合物が求電子剤となる反応
    • 9.5 分子内反応
    • 9.6 求電子剤としてのエステルの反応
    • 9.7 求核剤としてのエステルの反応
    • 9.8 ケトンとエステルの反応
    • 9.9 酸性条件での反応
    • 9.10 塩基および求核剤としてのアルケン
    • 9.11 どちらができる?
    • 9.12 もうひとつの大事な反応
    • 章末問題
  • 10章 芳香族化合物の反応
    • 10.1 ベンゼンのニトロ化とスルホン化
    • 10.2 ベンゼンのハロゲン化
    • 10.3 フリーデル−クラフツ反応
    • 10.4 置換ベンゼンへの求電子置換
    • 10.5 フリーデル−クラフツアルキル化の特徴
    • 10.6 アリルカチオンとベンジルカチオン
    • 10.7 OH基やNH2基をもつベンゼン環の合成
    • 10.8 芳香族の側鎖の酸化
    • 10.9 ジアゾ化とアゾカップリング
    • 章末問題
  • 11章 立体化学
    • 11.1 立体配置と立体配座
    • 11.2 エナンチオマー
    • 11.3 ジアステレオマー
    • 11.4 RS命名法とEZ命名法
    • 11.5 置換シクロヘキサンの立体配座
    • 11.6 エステルとアミドの立体配座
    • 11.7 置換反応とカルボニルへの付加反応の立体化学
    • 11.8 脱離反応の立体化学
    • 11.9 光学活性体の調製
    • 章末問題
  • 終章 暮らしと有機化学
    • 1 消化の化学
    • 2 薬の化学
    • 3 ヒトの化学
    • 4 機能性有機分子
    • 5 洗濯の化学
    • 6 香りの化学
    • 7 金属錯体触媒