サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

現代物理化学

現代物理化学

  • 寺嶋 正秀(著)/ 馬場 正昭(著)/ 松本 吉泰(著)
  • 序章 物理化学を学ぶ
  • 第Ⅰ部 量子論と化学結合
  • 1章 量子論の基礎
    • 1.1 量子論の誕生
    • 1.2 不確定性原理と波動関数
    • 1.3 シュレーディンガー方程式
  • 2章 量子モデル
    • 2.1 箱の中の粒子
    • 2.2 調和振動子−分子振動のモデル
    • 2.3 角運動量−スピンのモデル
    • 2.4 剛体回転子−分子回転のモデル
  • 3章 原子の電子構造
    • 3.1 水素原子
    • 3.2 原子の波動関数(原子軌道)
    • 3.3 多電子原子と構成原理
    • 3.4 電子配置と原子の周期性
    • 3.5 項の記号
  • 4章 化学結合と分子軌道法
    • 4.1 分子軌道法と永年方程式
    • 4.2 二原子分子
    • 4.3 多原子分子
  • 5章 混成軌道とπ結合
    • 5.1 混成軌道と多重結合
    • 5.2 π電子近似とヒュッケル法
    • 5.3 π電子密度とπ結合次数
  • 第Ⅱ部 分子の構造と分光学
  • 6章 光の性質
    • 6.1 電磁波の波動方程式
    • 6.2 平面波と偏光
    • 6.3 光の強度
    • 6.4 光の干渉
    • 6.5 光の回折
    • 6.6 光子
  • 7章 光と物質の相互作用
    • 7.1 古典的振動子
    • 7.2 量子論的な電気双極子
    • 7.3 光の吸収と放出の速度論
    • 7.4 レーザー光
    • 7.5 吸収係数
    • 7.6 光の散乱
    • 7.7 スペクトル線の形状
  • 8章 分子の構造と対称性
    • 8.1 定常状態とは
    • 8.2 対称操作と対称要素
    • 8.3 群論と分子の状態
    • 8.4 点群による対称操作の表現
    • 8.5 電子状態の対称性
    • 8.6 選択則
  • 9章 分子のエネルギー構造とスペクトル
    • 9.1 分子内の運動の分離
    • 9.2 電気双極子遷移
    • 9.3 振動回転スペクトル
    • 9.4 多原子分子の振動
    • 9.5 基準振動モードの対称性と選択則
    • 9.6 点群を用いた振動遷移選択則
    • 9.7 調和振動子近似の破れと特性振動
    • 9.8 電子遷移と電子スペクトル
  • 10章 電子スピンと核スピン
    • 10.1 電子スピン
    • 10.2 核スピン
    • 10.3 磁気共鳴分光法
  • 第Ⅲ部 熱力学
  • 11章 気体分子運動論
    • 11.1 理想気体の状態方程式
    • 11.2 分子運動と気体の圧力
    • 11.3 気体分子の速度分布
    • 11.4 気体分子の衝突
    • 11.5 気体分子の拡散
    • 11.6 実在気体とファンデルワールス方程式
    • 11.7 分子間相互作用
  • 12章 熱力学第一法則
    • 12.1 熱と仕事
    • 12.2 状態関数と経路関数
    • 12.3 熱力学第一法則(エネルギー保存則)
    • 12.4 エンタルピー
    • 12.5 熱容量と断熱膨張・断熱圧縮
    • 12.6 反応にともなうエンタルピー変化
    • 12.7 ジュール−トムソン効果
  • 13章 エントロピーと変化
    • 13.1 エントロピー
    • 13.2 エントロピーは状態関数
    • 13.3 不可逆過程のエントロピー
    • 13.4 熱力学第二法則
    • 13.5 熱力学第三法則
    • 13.6 エントロピーの圧力・温度依存性
    • 13.7 エントロピーの絶対値
    • 13.8 標準エントロピーと標準反応エントロピー
    • 13.9 残余エントロピー
  • 14章 ギブズエネルギー
    • 14.1 ギブズエネルギー
    • 14.2 ヘルムホルツエネルギー
    • 14.3 熱力学量の関係
    • 14.4 ギブズエネルギーの温度・圧力依存性
    • 14.5 標準反応ギブズエネルギー
    • 14.6 相平衡
    • 14.7 クラペイロンの式
    • 14.8 非理想気体−フガシティー
  • 15章 溶液の混合
    • 15.1 部分モル量
    • 15.2 化学ポテンシャル
    • 15.3 混合の化学ポテンシャル
    • 15.4 理想溶液
    • 15.5 非理想溶液
    • 15.6 ヘンリーの法則
    • 15.7 活量
  • 16章 溶液の性質
    • 16.1 塩が水に溶ける熱力学
    • 16.2 束一的性質
    • 16.3 電解質溶液
    • 16.4 溶液中での拡散
    • 16.5 イオンの移動度
  • 17章 化学平衡
    • 17.1 化学平衡の熱力学
    • 17.2 平衡定数の温度・圧力依存性
    • 17.3 電気化学と平衡
  • 18章 統計熱力学
    • 18.1 占有する確率分布
    • 18.2 ボルツマン分布の導出
    • 18.3 分子分配関数のもつ意味
    • 18.4 熱力学量と分子分配関数
    • 18.5 分子運動と分子分配関数
    • 18.6 系の分配関数
    • 18.7 系の分配関数と分子分配関数
    • 18.8 熱力学量の微視的意味
  • 第Ⅳ部 化学反応
  • 19章 反応速度
    • 19.1 反応速度式と速度定数
    • 19.2 反応速度の温度変化と触媒作用
    • 19.3 遷移状態理論
    • 19.4 素反応と律速段階
  • 20章 光化学反応
    • 20.1 光による化学結合の切断
    • 20.2 励起状態ダイナミクス
    • 20.3 レーザー化学
  • 21章 生体系の化学反応
    • 21.1 生体分子の構造
    • 21.2 タンパク質の構造形成の要因
    • 21.3 タンパク質の反応速度
    • 21.4 タンパク質の反応
    • 21.5 新しいダイナミクス測定
    • 21.6 酵素の基質認識機構
  • 22章 表面・界面での反応
    • 22.1 固体表面の構造と吸着
    • 22.2 表面反応
    • 22.3 固体触媒反応
    • 22.4 光触媒
  • 補章 物理化学で使う数学
    • S1 物理量とエネルギーの単位
    • S2 関数
    • S3 行列と行列式
    • S4 固有値方程式
    • S5 微分と積分
    • S6 角運動量演算子に関する計算
    • S7 フーリエ変換