サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 序章
    • 第1節 問題の所在
    • 第2節 研究課題の設定−先行研究の検討−
    • 第3節 本書の構成
  • 第1部 ブルーム・タキソノミーの開発とその後の展開
  • 第1章 ブルーム・タキソノミー開発の意義と課題
    • 第1節 ブルーム・タキソノミーの基本的性質
    • 第2節 ブルーム・タキソノミーにおける目標構造化の論理
    • 第3節 行動目標論をめぐる論争点
    • 小括
  • 第2章 スタンダード運動の展開とパフォーマンス評価論の誕生
    • 第1節 アメリカにおけるスタンダード運動の展開
    • 第2節 パフォーマンス評価の基本的な考え方
    • 第3節 「改訂版タキソノミー」の立場からの「真正の評価」論批判
    • 小括
  • 第2部 「改訂版タキソノミー」によるブルーム・タキソノミーの再構築
  • 第3章 L.W.アンダーソンらによる「改訂版タキソノミー」の開発
    • 第1節 「改訂版タキソノミー」の基本的性質
    • 第2節 「改訂版タキソノミー」による目標構造化の論理の再構築
    • 第3節 「改訂版タキソノミー」における教育目標・評価関係の特質
    • 小括
  • 第4章 「改訂版タキソノミー」の提起する新たな課題
    • 第1節 「改訂版タキソノミー」によるメタ認知の教育目標化
    • 第2節 「改訂版タキソノミー」におけるメタ認知導入の意義
    • 小括
  • 第3部 思考教授研究におけるタキソノミー研究の展開
  • 第5章 R.J.マルザーノらによる思考教授のタキソノミーの開発
    • 第1節 「学習の次元」開発の背景
    • 第2節 「学習の次元」に基づく単元設計
    • 第3節 単元設計を導くメタファーとしての「学習の次元」
    • 小括
  • 第6章 思考教授研究における情意目標論の展開
    • 第1節 1980年代における思考教授研究の展開
    • 第2節 マルザーノのタキソノミーにおける「性向」概念の展開
    • 第3節 「性向」概念と教室文化の編み直し
    • 第4節 「性向」概念の危険性と可能性
    • 小括
  • 第7章 R.J.マルザーノらのスタンダード設定論の検討
    • 第1節 McRELデータベース開発の背景
    • 第2節 McRELデータベースに見るスタンダード設定論
    • 第3節 マルザーノらのスタンダード設定論の意義と課題
    • 小括
  • 第4部 教育目標・評価論の諸系譜とそれをめぐる論争点
  • 第8章 G.ウィギンズらの「理解をもたらすカリキュラム設計」の検討
    • 第1節 「理解をもたらすカリキュラム設計」の基本構造
    • 第2節 「知識の構造」を中心とする教育目標・評価論の提案
    • 小括
  • 第9章 「真正の学習と学力」をもたらす教育目標・評価論の構想
    • 第1節 行動目標論とパフォーマンス評価論との差異
    • 第2節 現代アメリカにおける教育目標・評価論の理論的構図
    • 第3節 「真正の学習と学力」をもたらす教育目標・評価論の方向性と課題
    • 小括
  • 終章
    • 第1節 本研究の成果
    • 第2節 本研究に残された課題
  • 補論 スタンダードに基づく教育改革の再定義に向けて
    • はじめに
    • 第1節 NCLB法以降のアメリカ教育の動向
    • 第2節 NCLB法制下のアカウンタビリティ・システムへの挑戦
    • 第3節 アカウンタビリティ・システムの新たな形
    • おわりに
  • 付論Ⅰ 教室の内側からの評価改革
    • はじめに
    • 第1節 「教室における評価」を軸にした教育評価研究の展開
    • 第2節 「学習のための評価」をめざすマクロな評価システムの提案−ネブラスカ州STARSの挑戦−
    • おわりに−教室の内側からの改革の基盤としての評価改革−
  • 付論Ⅱ 高次の学力の質的レベルを捉える枠組み
    • はじめに
    • 第1節 ウェブの「知の深さ」の枠組みの背景
    • 第2節 ウェブの「知の深さ」の枠組みの特質
    • おわりに
  • 付論Ⅲ ポスト近代社会をよりよく生きていくのに必要な資質・能力
    • 第1節 コンピテンシー・ベースに向かう現代日本の教育課程政策
    • 第2節 学校で育成すべき資質・能力を分類・構造化する枠組み
    • 第3節 汎用的スキルを実質的に育みうる目標と評価の形