サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

目次

日英比較構文研究

日英比較構文研究

  • 畠山 雄二(著)/ 本田 謙介(著)/ 田中 江扶(著)
  • 第Ⅰ部 日英語の比較研究
    • 第1章 日本語の身体属性文と英語の同族目的語構文
    • 第2章 日英語の数量詞
    • 第3章 日英語の場所句構文
    • 第4章 低評価を表すナンカと否定極性表現のanyの類似性
    • 第5章 日英語の中間構文
    • 第6章 日本語の「い」脱落と英語のwanna縮約
  • 第Ⅱ部 英語の構文研究
    • 第7章 So倒置構文再考
    • 第8章 場所構文の相関関係
    • 第9章 there構文の複文分析:時制の解釈と主語の解釈の相関性
    • 第10章 英語の二重目的語構文と所有者昇格構文
    • 第11章 With独立構文の構造とその汎用性
  • 第Ⅲ部 日本語の構文研究
    • 第12章 日本語の動詞移動
    • 第13章 動詞「ある」の統語構造
    • 第14章 日本語の長距離格付与の可能性について
    • 第15章 とがめ文の統語構造
    • 第16章 「太郎は花子のように英語ができない」の曖昧性
    • 第17章 「ゴミ箱がいっぱいだ」の曖昧性をめぐって
    • 第18章 学校国文法における修飾語の扱いをめぐって
  • 第Ⅳ部 構文の統語的分析と機能的分析:有標性と棲み分け
    • 第19章 非対格性の検証:there構文と外置構文
    • 第20章 自動詞の新分類:there構文,way構文,同族目的語構文の見地から
    • 第21章 Way構文の動詞の特性
    • 第22章 「させ」使役文と非能格性制約
    • 第23章 日本語の動詞句前置構文の分析をめぐって
    • 第24章 項と付加詞の統語的区別の重要性
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。