サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • CHAPTER 1 なぜ計量経済学が必要なのか
    • 1 政策の「効果」とは?
    • 2 証拠(エビデンス)に基づく政策
    • 3 エビデンスへの実験的アプローチ
    • 4 観察データを使った計量経済学的アプローチ
  • 第1部 確率と統計のおさらい
  • CHAPTER 2 データの扱い方
    • 1 データを整理して情報を読み取る
    • 2 観測されたデータから全体の傾向を知るには?
    • 3 2つの事柄の関係を調べる
  • CHAPTER 3 計量経済学のための確率論
    • 1 物事の起こりやすさを表すツールとしての「確率」
    • 2 確率の性質を表す確率分布
    • 3 2つ以上の事柄の確率変数
    • 4 連続確率分布
    • 5 計量経済学で使う代表的な確率分布
  • CHAPTER 4 統計学による推論
    • 1 統計的推論とは?
    • 2 標本平均の性質
    • 3 標本分散と効率性
    • 4 仮説検定
  • 第2部 計量経済学の基本
  • CHAPTER 5 単回帰分析
    • 1 単回帰モデル
    • 2 最小2乗法
    • 3 傾きパラメターをどう解釈するか?
    • 4 最小2乗法の別解法
    • 5 最小2乗推定量は良い推定方法か?
  • CHAPTER 6 重回帰分析の基本
    • 1 外的条件を制御する重回帰モデル
    • 2 欠落変数によるバイアス
    • 3 最小2乗推定量の分散
    • 4 回帰分析後の検定
    • 5 大標本理論
  • CHAPTER 7 重回帰分析の応用
    • 1 変数の単位と傾きパラメターの解釈
    • 2 より複雑な政策効果をモデル化する
    • 3 ダミー変数を使った分析
    • 4 分散が不均一なときの頑健な標準誤差
    • 5 誤差項の分散が均一かどうか調べる
  • 第3部 政策評価のための発展的方法
  • CHAPTER 8 操作変数法
    • 1 内生性の問題と対応
    • 2 操作変数のモデル
    • 3 誤った操作変数を用いたら?
    • 4 2段階最小2乗法
  • CHAPTER 9 パネル・データ分析
    • 1 複数時点の観測されたデータ
    • 2 差の差の推定量
    • 3 2期間パネル・データ
    • 4 変量効果モデル
  • CHAPTER 10 マッチング法
    • 1 実験的手法の導入
    • 2 傾向スコア・マッチング
  • CHAPTER 11 回帰不連続デザイン
    • 1 「制度」の特徴を利用する
    • 2 まとめ