サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

目次

  • 序章
    • 第1節 問題の背景
    • 第2節 本研究の目的
    • 第3節 本研究の意義
    • 第4節 本著の全体構成
  • 第Ⅰ部 子ども虐待における家族支援を考える
  • 第1章 日本の児童虐待施策と在宅支援の体制について
    • 第1節 日本の児童虐待施策について
    • 第2節 日本における児童虐待在宅ケースに対する支援について
  • 第2章 「家族維持」の具体化のための拠って立つ理論
    • 第1節 子どもの最善の利益
    • 第2節 Family Centered Practiceにおける概念的枠組み
  • 第3章 日本における家族支援についての考察−日本における親子分離に対する考え方の変遷と現状−
  • 第4章 アメリカ合衆国における「Family Preservation」
    • 第1節 連邦法に見られるFamily Preservationの変遷−the Adoption Assistance and Child Welfare Act of 1980とthe Adoption and Safe Families Act
    • 第2節 Family Preservationプログラム実践の歴史
    • 第3節 Family Preservationモデルの類型化と実践例
    • 第4節 Family Preservationの効果に関する先行研究レビュー
    • 第5節 まとめ アメリカのFamily Preservationから応用すべきもの
  • 第5章 「家族維持」のために援助者が行うべき「正当な努力」とは
    • 第1節 アメリカ合衆国におけるReasonable Effortsとは
    • 第2節 合衆国州法に見るReasonable Effortsの定義
    • 第3節 家族維持を目的とした「正当な努力(Reasonable Efforts)」に対するインタビュー調査の結果より
    • 第4節 まとめ 「正当な努力」という概念の操作的定義
  • 第Ⅱ部 日本の家族支援を検証する
  • 第6章 研究方法
    • 第1節 調査デザイン
    • 第2節 日米における児童虐待在宅ケース援助者に対するフォーカスグループインタビュー調査
    • 第3節 二つの質問紙調査で用いる質問項目について
  • 第7章 質問紙調査1「児童相談所における児童福祉司による児童虐待ケース在宅支援の実態及び意見調査」
    • 第1節 調査の対象、調査方法、分析方法
    • 第2節 調査結果の分析(その1)
    • 第3節 調査結果の分析(その2)
    • 第4節 考察−リサーチクエスチョンⅠを踏まえて
  • 第8章 質問紙調査2「市町村における児童虐待ケース在宅支援の実態および意見調査」
    • 第1節 調査の対象、調査方法、分析方法
    • 第2節 調査結果の分析(その1)
    • 第3節 調査結果の分析(その2)
    • 第4節 考察−リサーチクエスチョンⅠを踏まえて
  • 第9章 日本における在宅支援の現状把握
  • 第10章 日本における援助者が行うべき「Reasonable Efforts」についての仮説検証
    • 第1節 「正当な努力(Reasonable Efforts)」に対する仮説
    • 第2節 Reasonable Effortsに対する仮説の検証
    • 第3節 まとめ:「正当な努力(Reasonable Efforts)」に対する仮説の検証結果
  • 第Ⅲ部 家族を中心とした支援を展開するために
  • 第11章 総括と今後の課題−「家族維持」のための「正当な努力」の実現を目指して−
    • 第1節 提言
    • 第2節 本研究の限界
    • 第3節 今後の取り組み
  • 第12章 家族維持を目的とした支援を行う新しい児童虐待対応システムの創出の必要性−Differential Response(区分対応システム)についての考察と提言−
    • 第1節 現在の日本の児童虐待対応システムは「家族維持」を目的とした支援を積極的に展開できるものなのか?
    • 第2節 アメリカ合衆国の「児童虐待対応」の変遷を見ることの意味とは?−アメリカがたどってきた変遷から学ぶこと−
    • 第3節 DRの概要
    • 第4節 DRの構成要素
    • 第5節 DRの実践について−米国での現地調査を元に(2010年〜2014年9月)
    • 第6節 DR実践による効果
    • 第7節 アメリカ合衆国のDR実践から学ぶ日本の児童虐待対応が必要なものとは?

児童福祉 ランキング

児童福祉のランキングをご紹介します一覧を見る