サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 第1章 序論
    • 1.1 研究の背景
    • 1.2 研究の目的
    • 1.3 本研究の方法
    • 1.4 本論文の構成
  • 第2章 情報セキュリティ監査と作業工数
    • 2.1 緒言
    • 2.2 情報セキュリティ監査の作業工数に影響を及ぼす因子
    • 2.3 緊急監査と定期監査の実績事例データ
    • 2.4 多変量解析による分析
    • 2.5 推定モデルの検証と考察
    • 2.6 結言
  • 第3章 情報セキュリティ事故の起因事象の列挙
    • 3.1 緒言
    • 3.2 従来の物理システムに対するPRA
    • 3.3 リスクの定量化の現状と起因事象の必要性
    • 3.4 起因事象の情報セキュリティ事故への拡張
    • 3.5 起因事象の列挙と分類例
    • 3.6 結言
  • 第4章 情報セキュリティ事故の事故シナリオの列挙
    • 4.1 緒言
    • 4.2 事象木による骨格シナリオの列挙
    • 4.3 分かち書きによる骨格シナリオの詳細化
    • 4.4 情報セキュリティ監査の現状とシナリオの必要性
    • 4.5 事故シナリオの導入効果
    • 4.6 結言
  • 第5章 情報セキュリティ事故リスクの定量化
    • 5.1 緒言
    • 5.2 タイミング・チャートの導入
    • 5.3 盗難キーの例
    • 5.4 ISO GMITSとの比較
    • 5.5 PRAの適用事例
    • 5.6 結言
  • 第6章 プロジェクトコスト計画破綻のリスク評価
    • 6.1 緒言
    • 6.2 シナリオマネジメント
    • 6.3 PRAのPMへの適用
    • 6.4 PRAのPMへの適用のケース
    • 6.5 結言
  • 第7章 結論
    • 7.1 本研究のまとめ
    • 7.2 今後の研究課題