サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第一章 病は免疫から−自分と他者を区別するふしぎなしくみ
    • 1.免疫のおもな働きと病気
    • 2.腸と心が免疫力を決めている
    • 3.免疫ってなんだろう?
    • 4.実は誰でも知っている免疫反応
    • ★コラム 寄生虫の免疫反応
    • 5.免疫には二重の砦がある
    • 6.生物が持つ原始的な免疫システム−自然免疫
    • ★コラム 自然リンパ球の発見
    • 7.獲得免疫にも2種類ある
    • 8.体液性免疫の主役を担う、抗体をつくるしくみ
    • ★コラム 寄生虫がアレルギーを抑えるメカニズム
    • 9.細胞性免疫はT細胞が主役
    • 10.細菌とウイルス感染とでは免疫反応が異なる
    • ★コラム かぜが治るしくみ
  • 第二章 免疫力のカギをにぎる腸内細菌
    • 1.人間の進化も腸内細菌のおかげ
    • ★コラム 便は何からできているか
    • 2.腸の構造と免疫細胞
    • 3.腸の最大の免疫組織「パイエル板」
    • 4.腸の免疫組織を活性化する腸内細菌
    • 5.腸内細菌の種類とその働き
    • 6.腸内細菌の大部分を占める日和見菌の重要性
    • ★コラム おデブ菌
    • 7.免疫を高めている土壌菌
  • 第三章 免疫は栄養で変わる−食べ物と免疫
    • 1.日本人の腸内細菌数が減っている
    • 2.善玉菌が優位になる食物で免疫は高まる
    • 3.腸内細菌のエサとなる糖類
    • 4.長寿を導く発酵食品
    • 5.便秘をなくすと免疫は高まる
    • 6.よく嚙むと免疫力も上昇する
    • 7.嚙まずにおいしいと感じる不自然さ
    • 8.食べることと免疫との関係
  • 第四章 「いい人」は病気になりやすい−心と免疫
    • 1.脳と免疫系の情報とネットワーク
    • ★コラム 精神神経免疫学の誕生
    • 2.神経伝達物質が免疫系におよぼす作用
    • 3.ホルモンが免疫系におよぼす作用
    • 4.サイトカインの神経・内分泌系への作用
    • 5.ストレスが免疫力を低下させる
    • 6.ストレスで低下した免疫は、副交感神経優位で回復
    • 7.心の持ち方で免疫を変える
    • ★コラム 陽気な生き方が免疫力を上げる
    • 8.笑いで免疫力を刺激する
  • 第五章 免疫細胞は気がきく−寛容と免疫
    • 1.他者と自分を区別する
    • ★コラム 血液型
    • 2.自己免疫寛容のメカニズム
    • ★コラム アポトーシス(細胞死)とは何か
    • 3.非自己の認識にかかわるMHC
    • ★コラム 自分の標識を持たない外敵は攻撃しない「MHC拘束性」
    • 4.自分を見失った免疫系−自己免疫疾患の発生
    • ★コラム いろいろな自己免疫疾患
    • 5.なぜ他者からの臓器移植では拒絶反応を示すのか
    • 6.T細胞の世界−自己と非自己の組み合わせを認識する細胞
    • 7.Th−1細胞とTh−2細胞が産生するサイトカイン
    • 8.免疫の多様性の秘密は、抗体の構造にある
    • 9.B細胞と同じく、T細胞も多様性を持っている
  • 第六章 免疫のバランスが健康を保つ−アレルギーとがん
    • 1.免疫のバランスが崩れたとき病気になる
    • 2.アレルギーには4つのタイプがある
    • 3.花粉症や喘息が起こるのは
    • ★コラム アレルギーや寄生虫感染時に増える好酸球
    • 4.アレルギー性疾患は文明病
    • 5.がんの発生を抑えるTh−1系の細胞群
    • 6.NK細胞活性が強いとがんにならない
  • あとがき